<   2011年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2011年8月30日 寄コシバ沢から鍋割山・塔ノ岳 単独日帰りハイキング 

・・・え?





沢はどこ行ったの!?(・_・;?






・・・しばらくポカーンと立ち尽くしてしまいました。






今日はまだ未踏だった寄コシバ沢から鍋割峠の道を歩きに丹沢へ行ってきました。

f0238475_2029144.jpg


いつも通り、寄バス停から寄大橋のゲートを抜けて登山口へ・・・『成長の森 川を渡る』が指す方へ進んで白い河原に出るといつもの沢が無い!Σ(゚Д゚;



なんで?沢ここにあったよね・・・勘違い?!






先へ進むと橋も無い、石の積まれたケルンもペンキで印のつけられた岩も見当たらない・・・それどころかビックリする事に沢の流れ自体が全く変わってしまっていました。

f0238475_20315697.jpg


原因は台風か、多発しているゲリラ豪雨か・・・きっと岩が流されたりして、流れが変わっちゃったんでしょうね。



沢を何度も渡渉しながら進んで行く雨山峠への登山道は所々で崩壊。





ただでさえ道も分かりづらいのに・・・道の状態も悪いので、初めての方はしばらく行かない方がいいかも~。

f0238475_20334746.jpg


f0238475_20335783.jpg


でも寄コシバ沢の手前の森は相変わらず綺麗なまま。



ココはいつ来てもいいなぁ・・・。

f0238475_20431243.jpg


寄コシバ沢にあった鍋割峠への矢印が描かれた岩も無く、どうしようか一瞬迷いましたがそのまま寄コシバ沢を遡行して鍋割山に向かいました。

f0238475_20433531.jpg


途中で沢は細くなっていき、浮石だらけのガレ場が続くのでカメラはしまいました。



この道、地図によって破線だったり載ってなかったり・・・過去に事故もあったようなので、あまり人には勧められませんが谷の間を吹き抜ける涼しい風と青い空はとても素晴らしかったです。



沢をしばらく詰めて登山道に入り、最後の苦しい急登を登りきると鍋割峠。



そこから少し登って鍋割山山頂です!!

f0238475_20442133.jpg


ワ~オ!富士山ばっちし♪( ´▽`)



鍋割山荘ご主人の草野さんがこんなにスッキリ見えたの久しぶりだよ~・・・ですって!





ラッキー♪

f0238475_20451632.jpg


そしてもちろんこれも・・・ムフフ(。-_-。)



ビールは自分で安く買ったのを凍らせて持ってきました、冷え冷えだけどちょうどいい感じでウマ~♪( ´▽`)

f0238475_20454697.jpg


陽射しはジリジリして暑かったのですが、予報通り結構風がありまして・・・。



鍋割山稜は木がザワザワ~って涼しくて、歩きながら寝てしまいそうなくらい気持ちが良かったです。

f0238475_20465373.jpg


塔ノ岳でも富士山と丹沢主稜線がバッチリ!!

f0238475_20475027.jpg


f0238475_20481960.jpg


f0238475_20483624.jpg


f0238475_20485959.jpg


f0238475_2115077.jpg


富士山撮りまくり!しつこい?(笑)



だって、こんなにクッキリ富士山が見えたの久しぶりなんですもん!





塔ノ岳から見る富士山手前の山々ってバランスいいですよね~毎回惚れ惚れします。



いやぁ・・・来て良かったな~。

f0238475_20503510.jpg


尊仏山荘の裏に行くと角の立派な鹿さん・・・こっちを気にする事も無く、ずっとムシャムシャムシャムシャ。



そんなに美味しいの?!ソレ(笑)

f0238475_2052560.jpg


人のいない写真ばかりですが、山頂はそれなりに人がたくさんでした。



昼寝する人、お酒飲んでる人、写真撮る人・・・皆、山が大好きなんでしょうね^^






僕も大満足っス!!



・・・ま、帰りはあのバカ尾根が待っている訳ですが(苦笑)

f0238475_2057839.jpg


今日は相模湾も綺麗に眺める事が出来ました。



大倉尾根も花立山荘あたりまでは展望も良くて気持ちがいいんですけどね・・・その後が長過ぎです。

f0238475_20583596.jpg


下山中に小さめの鹿さんが二匹、兄弟かな?たまにこっちを向くけど、基本的にはあまり気にせずムシャムシャやっておりました。



「お~い、その草そんなに美味いのか~?」




「・・・・・・・・・ムシャムシャ。」

f0238475_20591170.jpg


たまにこっち見る・・・カワイイなぁ(´Д` )

f0238475_20592789.jpg


どうでもイイ事ですが、大倉高原山の家の手前の倒木・・・毎回熊かと思ってビビリます(笑)

f0238475_211710.jpg


あ、そうそう!ついに登山靴のソールが逝ってしまいました。



修理に出そう出そうと思いながら放置していたけど、帰りにパックリ・・・こりゃもう修理せなあかん(´д`)






今まで山旅のお供ありがとう、お疲れ様!!



・・・しばらくテント泊と縦走はお預けです(。-_-。)





今日の山行でまた丹沢の地図が一つ繋がりました。



あとは葉が落ちて踏みあとが分からなくならないうちに弁当沢ノ頭経由での棚沢ノ頭と蛭ヶ岳南尾根にチャレンジしてみたいのですが・・・やっぱり稜線の小屋で一泊しないとキツイなぁと悩み中です。



寄~雨山峠間&鍋割山・塔ノ岳は過去の記録と重複してしまうのでザックリですが、今回はこれで終わりです・・・て逆にこれくらいの方がいいか(。-_-。)






お疲れ様でした~(◎´▽`)ノシ


【本日のコースタイム】

8:15寄バス停-8:40寄大橋-9:55寄コシバ沢出合-10:45鍋割峠-11:05鍋割山11:50-12:50塔ノ岳13:45-15:30大倉バス停
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-30 20:41 | 山歩 【丹沢】

2011年8月24日 畦ヶ丸 日帰りハイキング 2名

今週はブログ友達の岬めぐりさんと至仏山あたりにテント泊!・・・なんて計画をしていたのですが、無情にも僕に仕事が入ってしまい計画はお流れに・・・(岬めぐりさん、本当にすみませんでした!)



予定がポッカリ空いちゃったなぁ・・・ダメもとで友人に声をかけてみると、珍しく休みがかぶっていたので二人で行く事にしました。



夏休みの涸沢、北穂山行の帰り道から無性に沢沿いを歩きたかったので、行き先はなかなか行く機会の無かった西丹沢の畦ヶ丸に決定!!





朝5時半、友人の車に拾ってもらっていざ丹沢へ!



丹沢山脈上空は青空混じりの曇り空、予報では午後から小雨ですが・・・まぁ、森林限界の稜線歩きがある訳では無いので心配ないでしょ!

f0238475_21195046.jpg


西丹沢自然教室に到着、登山届けを提出・・・いつも思うんですけど鉛筆短い&薄過ぎ(苦笑)



う~ん、今日は涼しい!友人の半袖が寒そう(・_・;





さて、じゃあ畦ヶ丸に行きましょうか!

f0238475_21212189.jpg


橋で中川川を渡ると、さっそく綺麗な沢の登場でテンション上がりまくり♪



やっぱり丹沢の沢は透明度が高くてサイコーですね。





畦ヶ丸への登り道、しばらくはこの美しい西沢の沢筋に沿って登って行きます。

f0238475_21242372.jpg


大きな堰堤を越えると視界がひらけて、いかにも丹沢らしい白い河原に出ます。



歩き出しからカメラ片手に立ち止まってばかりの僕と先へ進む友人・・・お~い、待ってよ~(´Д` )





渓流釣りが趣味の友人も、丹沢の美しい沢を気に入ってくれたみたい・・・良かった!

f0238475_2125312.jpg


再び、登山道は樹林帯の中へ。



沢にかけられた木橋を右へ左へと渡りながら進んでいきます。

f0238475_21283694.jpg


苔むす森の中に薄日が射し込む、耳に心地良い沢の音・・・沢の流れが生み出す水飛沫は森の空気に溶けて、最高に気持ちの良い空間を作り出しています^^



自然が多く残る西丹沢、山深い雰囲気がたまりません!

f0238475_21294220.jpg


ま、人工物(堰堤)もありますけどね・・・これはこれでキレイでしょう。

f0238475_21322030.jpg


太陽の光が森に射しこむと、蝉の声がどこからともなく聞こえてきます。



そろそろ今年の夏も終わりですね。

f0238475_21342744.jpg


・・・同じような写真ばかりで申し訳ないんですが・・・とにかく綺麗なんですよ(笑)



こりゃ新緑や紅葉の時期はたまらなくイイだろうなぁ・・・(。-`ω´-)






ベンチのある広場を過ぎると下棚への分岐、もちろん滝も見たいッス!

f0238475_2139327.jpg


・・・てな訳で支流の奥へ5分程進むと目の前に下棚の滝!



マイナスイオン出まくりです。






落差40mあるそうですが、もう少し短く見えますね・・・あぁ、カメラの広角が足りない!(泣)

f0238475_2145567.jpg


友人が滝つぼ付近で小さなカエルを発見!カワイイね、ケロケロ~♪




滝の流れる岩場を何やら黒い鳥がピョンピョン飛び跳ねながら歩き回ってる・・・なんの鳥だったんだろ(´Д` )

f0238475_21463221.jpg


沢沿いには蕾がまん丸でかわいらしいタマアジサイが咲いていました。



さてさて、まだ先は長いよ~前に進みましょ~!

f0238475_21504223.jpg


あぁ、シャッターを押す指が止まりませんよ・・・同じような写真ばっかり載せてしまいますがお許しください(笑)

f0238475_21514419.jpg


今度は本棚です!本棚って言っても書棚じゃないよ、滝ですからね(´Д` )



落差60mで大迫力!!下棚よりも滝壺に近寄れます!





暑かったら滝に打たれようと思い、ザックには着替えが一式入っているのですが・・・あまりの水の勢いにビビってしまった~(笑)




ま、今日涼しいからね・・・来年の夏にとっておこう・・・(((( ;゚Д゚)))






本棚から先へ進むと次第に沢は細くなっていき、登山道は涸れた沢道へと変わっていきます。

f0238475_2155575.jpg


ここからは尾根をつたって畦ヶ丸山頂を目指します!



沢を離れると一気に汗が噴き出る・・・いかに沢沿いの道が涼しかったかがわかりますね。





汗を垂らしながらえっちらおっちら・・・登りが辛いよ~、二人でヤバイヤバイの連発(笑)



善六のタワの辺りまで来ると雨がシトシト・・・。

f0238475_21593390.jpg


丹沢らしい美しいブナの尾根が続きます。



次第に雨は強くなり、辺りはガスで真っ白に・・・しかしここで友人が感動の一言。





「趣あるね~。」





分かる?!やっぱそうだよね~!!(≧□≦)



・・・趣味の合う友人に本当に感謝っス。

f0238475_2221388.jpg


最後の登りが意外とキツい・・・で、やっとの思いで辿り着いた畦ヶ丸山頂はホントに地味~(笑)




雨も強くなってきたので記念写真もほどほどに、山頂から少し進んだところにある避難小屋で休憩する事にしました。

f0238475_2244034.jpg


f0238475_225133.jpg


中はほどよく広く、そして何より綺麗・・・窓際に蜘蛛の巣こそ張ってあるものの、トイレもあるしくつろげる~(。-_-。)







・・・ん?!ダジャレですか(笑)



友人がコーヒーを淹れてくれると言うのでお言葉に甘えさせてもらいました・・・ありがと~♪( ´▽`)

f0238475_2255389.jpg


強くなる雨音、止むといいんだけど・・・。







コーヒーのいい香りが小屋の中に漂う。



時間には余裕があります、ノンビリと雨が通り過ぎるのを待ちましょう・・・こんな時間も悪くないのデス。






小屋に置かれた日誌を読んだりしながらゆったりしていたら雨が弱まってきました。



・・・さて、そろそろ行きましょうかね。

f0238475_2272651.jpg


再び歩きだすと、だんだんと空が明るくなってきた・・・霧はまだ晴れないが、そのうちこの白い世界を抜けそうだ。



朽ちた木にはまた新たな生命が・・・きっと雨や霧を喜んでいるんでしょうね~♪





身の丈ほどある笹の間を抜けながらゆっくりと標高を下げていきます。




「なんか女の子1人くらいいるといいよね~。」



・・・なんてくだらない話しながら、気付けば大滝峠上!ガスも晴れてきました。

f0238475_2211226.jpg


少し下れば再び沢沿いの道・・・ステタロー沢ですって・・・変な名前だね(笑)



往路の西沢より落ち着いた雰囲気、苔むした森はちょっとだけ屋久島みたいな雰囲気。



沢の流れの中には小さなナメがあったりで歩いていて面白い!無駄に沢の中歩いてみたり~^^

f0238475_22124272.jpg


f0238475_221308.jpg


「あ~、お腹減ったよ~!」




二人の空腹が限界に近付いた頃、お昼を予定していた一軒屋避難小屋に到着です。






・・・て今度は熊?!なんなの畦ヶ丸・・・何故にダジャレ好きなの?(笑)

f0238475_22151449.jpg


素敵なランチ場所を探して鬼石沢を上流に遡行します!

f0238475_22175333.jpg


f0238475_2218223.jpg


・・・冷たい透明の沢!白い川床が本当に美しい!!!



ここに決めた!(笑)





今日のご飯は薬味たっぷりの山菜冷やしうどん。



沢でうどんとツユを冷やしてからいただきます!!・・・見た目はちょっとアレですが、味は最高でした!友人も喜んでくれて、朝4時半から薬味切ってきた甲斐がありました。







食後はまたもや友人がコーヒーを淹れてくれました。



空にはいつの間にか青空が・・・白い雲が流されていく。






なんか贅沢な休日すごしてるなぁ。

f0238475_22223664.jpg


登山靴脱いでジャバジャバ沢の中を行ったり来たり・・・堰堤の前で魚4匹発見でハシャいじゃいました(´Д` )



・・・友人はクールな大人なんで僕だけですが(苦笑)

f0238475_22251419.jpg


さて、そろそろ下山しましょう!



再び沢沿いの道を歩くと、一度沢筋を離れて登山道は山の斜面につけられた道へと変わっていきます。



途中にある木橋は少し滑りやすいのでご注意を!!





ゆるやかに下っていくと再び沢沿いの道、今度はマスキ嵐沢ですがこちらも綺麗^^

f0238475_22295183.jpg


標高を下げていくにつれ、徐々に太くなっていく沢の流れ・・・少し水色かかった釜を見るたびに



「あそこ泳げそうだよ!!」



そんな話ばっかり(笑)

f0238475_22324081.jpg


f0238475_22325369.jpg


楽しかった山の旅ももうすぐ終わり。



登山道を終えると西丹沢自然教室まで車道歩き・・・すっかり太陽が出てきてアツイアツイ!!





結局、最後まで温泉で汗を流すか川で汗を流すかを議論しながらゴールイン(笑)



今日はビールじゃないけどお疲れ様でした!







・・・と、ここまでは最高な一日だったのですが、この後トラブル&ガッカリ多発で大変でした(笑)




・・・いや、(泣)か?(´Д`;






Oちゃん本当に最後までお疲れ様!!楽しい休日をありがとう!また行きましょう^^


【本日のコースタイム】

7:40西丹沢自然教室-8:30下棚-8:55本棚-10:00善六のタワ-10:40畦ヶ丸-10:50畦ヶ丸避難小屋11:40-12:20大滝峠上-12:50一軒屋避難小屋14:00-14:50大滝橋-15:35西丹沢自然教室
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-26 22:55 | 山歩 【丹沢】

2011年8月1日~5日 涸沢~北穂高 単独テント泊ハイキング 5日目

最終日、朝。



徳沢の芝生は朝露に濡れてひんやりしていました。

f0238475_212236100.jpg


これから旅が始まる人、終わる人。



それぞれが色んな思いを胸に、フライシートについた朝露を払ってテントを畳んでいます。





そんな旅人の姿を眺めながらコーヒーを啜る自分の山旅ももうすぐ終わり・・・長いようで本当にあっという間でした。

f0238475_21241446.jpg


一息ついてテント撤収、心地よい時間を過ごさせてくれた徳沢に別れを告げて上高地バスターミナルを目指します。



気持ちの良い青空・・・が、今日も相変わらず肝心なところはガス(笑)

f0238475_21253998.jpg


早朝にも関わらず、次々とすれ違う登山者・・・やはり北アルプスの人気はすごいですね!



目指す先は槍か穂高か・・・皆さん、どうか無事に山を楽しんでこれますように(-人-)

f0238475_2127911.jpg


青リンゴめっちゃ美味しそ~!!!ヽ(´Д`)ノ



明神館の前で冷え冷えになっていましたが・・・今はお腹が空いていない、残念!



真っ直ぐ進めばバスターミナルですが、明神橋で梓川を渡って対岸の自然探勝路を通って帰る事にしました。

f0238475_21302969.jpg


こちらの道は登山者よりも観光の方の姿が多いのですが、まだ時間も早いのでほとんど貸切♪



沢の中に泳ぐイワナを探しながら、気持ちの良い沢沿いの木道を進んでいきます・・・やっぱり僕、沢が好きなんだな・・・誰か沢登り教えてくれないかな~。

f0238475_21325983.jpg


空は青空!!



向かう先にはいまだ噴気活動のある焼岳の姿^^

f0238475_21343125.jpg


f0238475_21351438.jpg


沢の音を楽しみながらの森林浴♪



時々、足を止めて上を見上げてみたり・・・涼しい風が通り抜けるとそれは爽やか^^

f0238475_21365539.jpg


あぁ~キレイだ~!!・・・上高地やっぱり素晴らしいですね!

f0238475_21384764.jpg


楽しいひと時はあっという間・・・気付けば河童橋でした。



まだ観光客もまばらな朝の河童橋2~3時間もすれば、穂高の絶景を求めてやってくる観光客でごったがえすのでしょうね。



河童橋から、しばし穂高連峰を眺めて旅の余韻にひたります。

f0238475_21484099.jpg


5日間の休み、仕事の電話をしてこなかった会社の方々に感謝をこめてお土産購入。



えぇ・・・完全にジャケ買いです(笑)





かわいいよねコレ・・・味は穂高級とはいきませんが(笑)



最後の最後まで穂高の山はガスの中、ホント山の神様のツンデレ具合には敵いませんね。



そこが山の魅力ではあるんですけど(笑)

f0238475_21503277.jpg


さて、そろそろバスが来ます。



たくさん楽しませてくれてありがと!また来るよ~穂高!!

f0238475_21513598.jpg


バスの心地よい揺れに思わず眠ってしまい、気付けば新島々駅でした。



松本駅で電車の扉が開いたら猛ダッシュ!!乗り換え時間が短かったけどなんとか無事に中央本線に乗り込めた。






手には駅弁とお菓子・・・そして冷え冷えの缶チューハイ!!



・・・これさえあれば、帰りの長い鈍行列車の旅なんてあっという間なんだな(。-∀-)









ボックスシートに足を投げ出す、流れていく車窓の景色。



南アルプス、八ヶ岳、富士山、奥秩父の山々・・・







さて、次はどこの山に行こうか。







・・・完。


【夏休みのコース】


1日目:上高地バスターミナル-小梨平(テント泊)

2日目:小梨平-明神-徳沢-横尾-涸沢(テント泊)

3日目:涸沢-北穂高岳-涸沢(テント泊)

4日目:涸沢-<パノラマ新道>-徳沢(テント泊)

5日目:徳沢-明神-<自然探勝路>-上高地バスターミナル
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-25 22:00 | 山歩 【北アルプス】

畦ヶ丸・・・気持ち良かった~!!

人間てなんて贅沢な生き物なんでしょう。



夏休みにスケールの大きい北アルプスをたっぷり満喫したのに、帰り道では沢沿いを歩ける低山が無性に恋しくなったり・・・。

f0238475_22582098.jpg


・・・てな訳で、友人を誘って丹沢の畦ヶ丸に登って来ました!





ずっと気になってはいたんですけど、畦ヶ丸ってなんだか地味で花の無い印象で後回しになってたんですね。



でもそれは大きな勘違い!!

f0238475_23414820.jpg


行ってみたら「イイね~!!!(´Д` ) 」のオンパレード!!







・・・あ、山頂は確かに地味なんですけどね(笑)



今回は、西丹沢自然教室~畦ヶ丸~大滝橋の周回コースで登りも下りもサイコーに美しい沢尽くし。

f0238475_2351975.jpg


さらには滝めぐりに、いかにも丹沢らしいブナの森・・・最初から最後まで感動の連続でした(・∀・)





同じような写真ばかりなので、山行記録書こうか悩み中ですが・・・



畦ヶ丸・・・気に入っちゃいました!!

f0238475_2362039.jpg


・・・是非行ってみてケロ~(笑)
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-24 23:11 | 雑記

2011年8月1日~5日 涸沢~北穂高 単独テント泊ハイキング 4日目

4日目、朝。






めちゃめちゃ寝た・・・体調万全!天気はどうだ!?



テントから顔を出すと相変わらずガスのかかった稜線・・・だけど上高地方面からは青空が近付いてきているようだ♪( ´▽`)

f0238475_2093861.jpg


頭を触る・・・ひどい寝癖だ。



バーナーに火をつけてコーヒー。





今日で最後の涸沢・・・う~、ちょっとだけ寂しいね(_ _。)



テントを片付けパッキング、2日ぶりに背負うパンパンのザックが軽いのは遠くにある青空のせい?






・・・あ、ご飯とおつまみが減っただけか(笑)



涸沢、アリガトウ!!また来るよ!!

f0238475_2012918.jpg


さて、今日はパノラマ新道から屏風ノコルを越えて徳沢へと下ります。



涸沢ヒュッテ直下で横尾方面とパノラマ新道分岐点。

f0238475_20125850.jpg


山で見る手書きの指標がなんだか好きです。






黒い雲は通り過ぎ、空は青空。

f0238475_2013506.jpg


山の斜面につけられた細い道、アップダウンを繰り返し進んでいく。



・・・太陽が出てきてアツイアツイ(´Д` )





だんだん小さくなっていく涸沢を何度も振り返りる。

f0238475_20143082.jpg


木々の間からは今から向かう屏風ノ耳。





「キャー!!」





ガラガラガラっと落石の音!!



先行していたご夫婦の奥さんがロープのかかったガレ場で滑ったみたい・・・ビックリした(||゚Д゚)



ロープが何ヶ所か、道は細くあまり良い道ではありません!ご注意を~。

f0238475_2026174.jpg


ガスがわいてきた~・・・今日もまた展望無しか!?



汗を拭いながらひと頑張り!

f0238475_20284944.jpg


細く険しい道は前穂高北尾根まで・・・尾根に合流すれば、涸沢からは山の向こう側で見る事の出来なかった梓川が眼下に流れているのが見えます。

f0238475_20292939.jpg


花が咲き乱れる稜線からは穂高稜線、ガスこそかかっているけどその美しさは変わりません。



今日の楽しみ、涸沢カールと穂高連峰を一望出来る屏風ノ耳に寄り道。

f0238475_20324837.jpg


樹林帯の急登のあとは、手を使いながらの岩場の登り!



ヤッホーイ!高いっス!!\(´∀`)丿

f0238475_2034103.jpg


眼下には涸沢~♪

f0238475_20365532.jpg


左に圧倒の穂高稜線を眺めながら、さらに登り・・・岩にペンキで描かれた◯と矢印に導かれ、岩場の広がる賽ノ河原に立てば目の前は涸沢カールと穂高連峰の大パノラマ!!



誰もいない、一人っきり・・・気持ちがイイなぁ~。



相変わらずガスはキレイに晴れない・・・でも刻々と変わっていく景色はそれはそれで素晴らしくて、しばらくボ~っと眺めていました。



途中、先程叫び声を上げた奥様のご主人が一人で登って来た。



奥さんはもうこんな道こりごりだと屏風ノコルで待っているらしい(笑)

f0238475_2039015.jpg


北穂もやっぱり惜しい(笑)




「ガスがかかっちゃったけど、やっぱり綺麗ですね~。」



と旦那様、きっと奥さんにも登って来て欲しかったんでしょうね^^






結局、その後も1時間以上北アルプスの景色に見惚れていました。

f0238475_2040111.jpg


気付けば背後からガスが沸いてきて辺りは真っ白・・・さて、そろそろ徳沢へ下りましょうかね。



登山道沿いにはたくさんの花が咲き乱れています。

f0238475_2043383.jpg


f0238475_20435535.jpg


シモツケソウにニッコウキスゲ、よく分かりませんがユリ(←おいおい(゜Д゜))も咲いている。



名も分からない花をジッと観察したり、見た事も無い虫に興奮しながらノンビリノンビリ・・・あぁ~楽しい(笑)





一見、地図で見ると徳沢方面への近道にも見えるパノラマ新道ですが、下りも歩きにくい道が続きます。

f0238475_2046436.jpg


ガスの中は抜けたけど、今度は風が無い・・・アツイアツイ。





奥又白谷河原の直前で今日初めてのすれ違い。



「やはり道は良く無いね、さっきいた方は奥さん泣いてたよ。」・・・とオジサン。





・・・あ、きっとさっきの人だ(笑)

f0238475_20491752.jpg


蒸し暑い樹林帯を抜けると沢の音、涼しい風。



沢だ~!!



ザックを下ろして頭からザブンっ!!



あぁ~~~・・・暑さでボ~っとしていた頭に沢の冷たい水が染み込んでいく。

f0238475_2052224.jpg


沢から頭を出して見上げれば青い空、駆け抜くていく風にサワサワと音をたてて揺れる植物達・・・何故にこんなにいいですかね山って(。-∀-)

f0238475_20553011.jpg


f0238475_20561249.jpg


ここまで来たらあと少し!岩に描かれたペンキの〇印を追って再び樹林帯へ。



遭難碑ケルンを越えて治山林道に合流すれば今日の山道はもう終わり^^



お疲れサマでした!!

f0238475_2057545.jpg


あ!!アサギマダラ♪



久しぶりに見ました~!やっぱりキレイですね^^

f0238475_20591414.jpg


f0238475_20594542.jpg


新村橋で梓川を渡り、通常コースに合流。



無事にパノラマ新道を歩いてこれました・・・こうやって地図がつながっていく、これも山歩きの面白さですね(o^皿^)

f0238475_2122922.jpg


徳沢のテント場はまだ時間も早いのでテントもまばら。

f0238475_21115356.jpg


徳澤園で受付をすませてお気に入りの場所を探す・・・そしてひっそりとした木陰にテントを張る。(←やっぱり性格出ますね(笑))





徳沢の芝生を駆けていく風が最高に気持ちがイイ♪

f0238475_2135975.jpg


『爽やか』ってこういう事を言うんだろうな・・・ジリジリした夏の陽射しを避けて木陰にマットを敷いて寝転ぶ、もちろん冷たい缶チューハイ付きで(笑)



目の前には赤トンボ、芝生の上でこんなにガッツリ寝転んだのは久しぶりだ^^






フカフカの芝生、あまりの気持ちよさに気付いたらうたた寝してました(笑)

f0238475_2183381.jpg


日が照っているうちにと、雨に濡れた服やらフロアマットを干してから川遊び。



日焼けした腕に冷たい沢水が気持ち良すぎ・・・足を沢に入れてみたけど、冷た過ぎて10秒ともたなかった。゚(゚´Д`゚)゚

f0238475_21124165.jpg


f0238475_21125935.jpg


お酒もおつまみもそこそこのお値段、辺りは自然・・・こういう場所が本当の楽園なんでしょうかね(笑)



人も増えてきました・・・皆さん笑顔、思い思いの山旅を楽しんできたに違いありません。





4時になり、徳沢ロッジの外来湯へ・・・久しぶりのお風呂で汗を流してサッパリ^^



テント場でお風呂入りたい~なんて言ってる人達が結構いたけど、徳沢ロッジにお風呂あるの知らなかったのかな?

f0238475_21154086.jpg


日が暮れていく中、この旅で最後の晩餐。




芝生の上で暮れていく空を見上げる。





・・・長いようで短かったな・・・夜を迎えるのが少し寂しい。



旅の終わりはいつだってそうだったな、今もあの頃も。





・・・うん、また来よう!!










深夜1時、寝静まったテント場。




トイレに行こうとテントから出ると驚く程の星空・・・。





最後の最後でコレかよ・・・本当にズルイよ、山の神様は(笑)





【本日のコース】

涸沢-<パノラマ新道>-屏風のコル-賽ノ河原-屏風ノ耳-徳沢
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-23 21:22 | 山歩 【北アルプス】

2011年8月1日~5日 涸沢~北穂高 単独テント泊ハイキング 3日目

3日目の朝、何やらにぎやかなはしゃぎ声に目を覚ます。



うぅ・・・寒いぞ。

f0238475_14552413.jpg


シュラフにくるまったままテントから顔を出すと、どうやら天気は悪くないようだ。



さっきのにぎやかな声、中学生くらいの集団が北穂に向けて出発するところだった。

f0238475_14564119.jpg


とりあえずバーナーに火を着けて朝ご飯の準備。



さて、どうするか・・・本来の予定でいくと、今日は北穂のテント場で幕営予定。



でも、山岳相談所の隊員さんによると昼前に雨になる予報で雷の可能性もあるらしい・・・北穂のテント場は南峰直下、小屋は北峰で少し距離があるから雨の中トイレやらなんやらで往復するのは辛そうだ。






・・・味噌汁を飲みながら、大天井方面を眺める・・・あまりよろしく無い雲が遠くにある。






決めた、空身で北穂だ!

f0238475_152640.jpg


山はロールプレイングゲームみたいなもの、状況判断して装備や行き先、行程を考える・・・これがまた楽しさの一つ。



歯を磨いて顔洗ったら、ウエストバックにレインウェアと行動食、水を詰め込んでいざ出発です。

f0238475_1535381.jpg


涸沢小屋の脇からガレ場を登っていく。



山の斜面に咲く黄色いニッコウキスゲが、久しぶりの青空に映える。




歩き出すとすぐに噴き出してくる汗、登山道脇を流れる冷たい沢の水をタオルに含ませ首に巻いていく。

f0238475_1555896.jpg


先行していた素敵なオジサマと挨拶を交わす、僕と同じく空身で北穂を目指すと言う。



手にはNikonのFM3A。





「山にはやっぱり銀塩カメラが合いますね~。」





・・・なんて会話からしばらくカメラ話で盛り上がる・・・ただでさえ他の登山者より出発が遅いと言うのに(笑)

f0238475_1585331.jpg


じゃあ、また山頂で会いましょう!とお別れして先へ進みます。



だんだんと小さくなっていく涸沢ヒュッテ、稜線までは近そうに見えて意外に遠い・・・僕の持ってきた地図には所要時間3時間と記されている。

f0238475_1511186.jpg


ジグザグにガレ場を上がり、鎖場もなんなくクリア、やはり空身は楽なのかどんどん先行者を追い抜いて行きます。



ふと足を止めて振り返ると、さっきは無かったはずの真っ白なガスがたくさん・・・やっぱり今日も僕は霧男なのか。





それにしても奥穂北尾根は本当にギザギザしてますね、恐竜の背中のようだ(・・ヽ)

f0238475_15153455.jpg


f0238475_15155449.jpg


黄色いのはイワオトギリ?白いのはなんの花だろう・・・相変わらず花の名前に疎いですヽ(´Д`;



朝霧に濡れた夏の花々が登山道を彩る、夏の山は素敵ですね!!

f0238475_1533161.jpg


時折、ガスが晴れて涸沢岳から奥穂高方面へ続く岩の稜線が見える。



あぁ~ガス完全に晴れないかな~( ´△`)

f0238475_15344546.jpg


岩に記された白ペンキの印に導かれ、上へ上へ!!



目指すは3106m、日本第9位の頂!





急なガレ場の登りが続きますが、今日は空身なのでアスレチックでもやっているかのようにスイスイ登っていきます・・・楽しい!

f0238475_1537029.jpg


幕営予定だった南峰下のテント場に差し掛かる。



北穂高岳北峰がガスの間から見えました!あと少し!

f0238475_1538916.jpg


北峰直下のステップ切られた雪渓を越えれば、北穂高岳山頂です!!



・・・あぁ~!真っ白~!(´Д` )





そんな気はしていたけど~・・・ま、まだ時間はあるので待ちますか・・・ビールでも飲みながら(笑)

f0238475_15402370.jpg


北穂岳山荘のテラスは日本一!!


何がって日本一標高の高い場所にあるテラスなんです・・・天気が良ければ最高の一杯が楽しめたんでしょうけどね~・・・ちょっとだけ残念っス。

f0238475_1542028.jpg


太陽頑張ってくれ~♪(v^_^)v



景色は見えずともビールは美味い・・・こんな高いところで生ビール飲めるなんて現代の山ノボラーは恵まれていますね(笑)

f0238475_15435335.jpg


f0238475_15442294.jpg


ビールを飲み終わったらもう一度、山頂に登ってみる・・・が、やっぱりダメ。



惜しいのになぁ・・・唯一、北穂高の南峰がうっすら見えただけ(笑)



しばらくすると、行きでカメラの話をしたタカハシさんがやってきた。





「あらら~、やっぱりダメか~!こりゃコーヒーでも飲んで帰るしかないかな!」





なんだか、全然悲しそうな顔しないんですよね~・・・残念がってるけど、めちゃくちゃ笑顔みたいな(笑)

f0238475_15492323.jpg


タカハシさんにつられて僕もコーヒーいただきま~す!!



北穂カップ&ソーサーはとても可愛かったです♪

f0238475_1551780.jpg


f0238475_15513623.jpg


ここは標高3000mの世界、山の神様が来る者全員を歓迎してくれるような場所じゃないんだ。





昼前には雨が降る予報だったので、そろそろ下山開始。



展望はほとんど無かったけど、不思議と自分の中には悔しい気持ちも悲しい気持ちも全くありませんでした。



様々な想いの詰まった涸沢に再会した時点で、きっと僕は満足していたんだと思う。

f0238475_1559155.jpg


帰り道は神奈川のタカハシさんとカメラ話しながら下ります。



普段は奥多摩、丹沢がホームグラウンドらしく、もしかしたらどこかで会うかも知れませんね~なんて笑ってました。






途中、若い女の子と男の子の集団に遭遇・・・男の子達は昔から山登りしてそうな地味な子でしたが、何故か女の子は皆ギャル風(笑)



ものすごく不釣合いな組み合わせで微笑ましかったです^^

f0238475_1665886.jpg


再び涸沢に戻ってきてすぐに雨がポツポツ・・・いやぁ、ギリギリセーフ・・・もう少し下山が遅かったら降られてましたね(´Д`A;)



今日中に下山するというタカハシさんと一緒にヒュッテでカレーを食べてからお別れ!僕はテントへ。



雨はいよいよ本降り・・・ほど良い疲れもあってか、テントを叩く大粒の雨音もお構いなしにすぐに夢の中へ(笑)

f0238475_16142267.jpg


再び目を覚ますともう夕方近く。



雨も弱まっていたので、昨日素通りした涸沢ヒュッテ直下の花を見に行ったり、山岳相談所のお兄さんとお話したりとのんびり。



旅程に余裕があるのはいいですね^^

f0238475_16192274.jpg


f0238475_1620044.jpg


今度、涸沢に来た時は奥穂高にでも登ろうかなぁ♪


その前に晴天の北穂高テラスで生ビールか(笑)

f0238475_1621177.jpg


さて、いよいよ旅は後半へ!





白い花をつけたナナカマドの向こうに見えるのは屏風ノ頭。



明日はパノラマ新道で屏風ノ耳を経由して徳沢へと下ります(o゚Д゚o)






なんだかガスガスの白い写真ばかりで申し訳ありませ~ん!!

【本日のコース】

涸沢-北穂高岳-涸沢
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-19 16:33 | 山歩 【北アルプス】

さかなのおじさん・・・

オジサンという魚がいますが、それの話じゃありません(笑)






今日は、埼玉県日高市にある巾着田に、会社の先輩主催のBBQに誘われて参加してきました。

f0238475_1935482.jpg


今回は10人ちょっとの少数精鋭、職場でも生粋の草食メンバーを集めての開催。



騒がしすぎるBBQはNGなんです、僕ら(笑)

f0238475_19598100.jpg


先輩方の小学生の娘さん2人と、転勤した先輩の息子さんと一緒に川に潜って魚取り・・・付けられたあだ名は『さかなのおじさん』








・・・ちょ、ちょっと待って!!『さかなのお兄さん』じゃないの━━(゚Д゚;)━━━!!??

f0238475_1942449.jpg


昔はなんてこと無かった川泳ぎ・・・こんなに疲れるっけか。



かな~り真剣に魚を追い続けてなんとか最初の一匹Get!!・・・あとは若い衆にバトンタッチ。






・・・ていうかさ、こういうのは若い男子の役割じゃないのかい(。-_-。)

f0238475_19483286.jpg


その後、鉄板近くに飲みに帰るも、何度となく子供達に連れ戻されて本気で疲れました・・・。






でも、やっぱり仲間と外で食べるご飯は美味しいですね!!



アウトドア最高ッス!!

f0238475_19532329.jpg


あ、撮られた・・・。





そして肝心の肉の写真撮り忘れた・・・何やってんだオイラは(´д`)





主催してくれた先輩!あざ~っす!!
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-18 20:01 | 雑記

2011年8月1日~5日 涸沢~北穂高 単独テント泊ハイキング 2日目

グ~・・・・・・・・・・・・・・お腹減った。






アラームが鳴る直前、お腹の音で目が覚める。

f0238475_211022.jpg


外に出ると、昨夜あったテントはだいぶ減っている・・・皆さん、朝が早いのね。



ぐっすり眠れたので、疲れも無く体調は万全!!






だけど、あいにく穂高は今日も曇り空・・・まぁ、3日目までは天気悪いからね~のんびり行きましょう!

f0238475_21134034.jpg


テントを素早く撤収、テントサイトにある水道でひどい寝癖を直していざ出発。



道沿いを流れる小沢は今日も澄み切っていてキレイだ。






朝の森の香りはなんでこんなに清々しいのか、旅を感じさせてくれるザックの重さもまた心地良い。

f0238475_21155365.jpg


前を歩く、お父さんと小さい女の子に『いつか自分も・・・。』なんて気持ちにさせられる。



・・・年取ったなぁ自分。

f0238475_21164920.jpg


薄日が射すと急に暑くなる。



スッキリ晴れればいいけど、このくらいの方が涼しくていいかもね~♪

f0238475_21181099.jpg


白砂の押し出された下白沢まで来ると急に視界が開ける。



目の前に聳え立つ明神岳を見上げる・・・雲が多い、涸沢まで天気持たないかもな。

f0238475_21192027.jpg


早朝にも関わらず、大勢の登山者が休憩している明神舘を横目に美味しい朝ご飯を目指して嘉門次小屋へ寄り道。



なんか『寄り道』っていいですよね(笑)

f0238475_2120343.jpg


8時半の開店時間、NAVITIMEもビックリなくらいに時間ぴったりの到着!!



奥の薄暗い部屋の囲炉裏の端では、イワナが美味しそうに焼かれてるよ~♪( ´▽`)





重たいザックを下ろしてイワナ定食を待つ・・・ヤバい、お腹がグ〜グ〜鳴ってますよ!早くして下さ〜い!!

f0238475_21213033.jpg


待つこと10分程、焼きたてのイワナ定食登場。やっぱり日本の朝は和食ですね!



イワナは塩気もちょうど良く、頭から尻尾まで骨ごとイケます。



味噌汁と小鉢もとってもウマーでシアワセ〜・・・あっという間に完食、ごちそうさまッス♪( ´▽`)






おかわりとビールを注文したいところですが・・・まだまだ先は長いので我慢我慢。

f0238475_21232660.jpg


明神橋を渡り、再び涸沢を目指して歩き始めます。



森の中をしばらく歩くと、途中で梓川の眺めの良い場所に出ます。



地図を見れば遠くに蝶ヶ岳と書いてある・・・ということはあの山が蝶ヶ岳かな(*゚д゚*)

f0238475_21253674.jpg


f0238475_21254756.jpg


森の中にひっそりと佇む徳沢ロッジを通り過ぎ、予定より早く徳沢に到着。

f0238475_21262989.jpg


ちょっとだけ休憩タイム。




・・・あれ!?徳澤園こんなにPOPだったっけ・・・軽井沢辺りのカフェみたいだ(苦笑)



また2日後に会いましょう!!

f0238475_21274383.jpg


再び森の中を歩く事、約50分・・・槍ヶ岳、穂高連峰、蝶ヶ岳と各方面からの登山者でにぎわう横尾に到着です。



皆さんの笑顔とは反対に、向かう先の空は今にも泣き出しそうな雨雲。



横尾大橋を渡ると、シラビソやコメツガの森へと景色は変わり、川沿いに緩やかなアップダウンを繰り返しながら横尾谷を進んでいきます。

f0238475_21304038.jpg


ふと足を止め、木々の間から聳え立つ屏風岩を眺めていると雨粒が顔に当たった。





ポツン…ポツン…ポツポツポツポツ・・・。




・・・やっぱり持たなかったか~(o´_`o)

f0238475_21315760.jpg


懐かしの本谷橋まで来ると、先行していた皆様はレインウェアに着替え中・・・う〜ん、汗っかきだからあんまりレインウェア着たくないんだよなぁ・・・。



そのまま濡れていくわけにもいかないので一眼レフをしまい、とりあえず撥水性のあるソフトシェルだけ羽織ってしばらく様子を見る事に。

f0238475_21334172.jpg


本谷橋からはいよいよ本格的な登りのスタート。



ダケカンバの急登をジグザグ・・・えっちらおっちら・・・。





雨はしばらく止みそうにない、涸沢まではずっと雨の中の登りが続きそうだ。



唯一の救いは前を歩く2人組の山ガール!!\(´∀`)丿・・・っておっさんか!!(笑)

f0238475_21364439.jpg


久しぶりの道・・・皆でヒ〜ヒ〜言いながら登ったのを思い出します。







「あ!ここ懐かしい!ここで休憩したなぁ〜。」



「あ〜、こんな場所あったなぁ…ここで座って休んだっけなぁ。」






・・・思い出は全て休憩していた光景でしたが(笑)



ジャケットに当たる雨音が大きくなり、谷の間を真っ白なガスが生き物のようにゆら〜り流れていく。

f0238475_21391249.jpg


雨に打たれながら、ひたすら登りは続く・・・でも、昔ほど辛くはないね。



雪解け水の冷たい沢の音が聞こえてくる頃には少し雨も弱まり、ガスの切れ間から涸沢ヒュッテのテラスの旗が見えた。






ここまで来ればあと少し・・・でも、ここからが意外に遠いよねココ(´Д`A;)



道端にはたくさんの小さな可愛らしい花が咲き乱れています・・・雨だからまた明日来るよ~!

f0238475_2294910.jpg


雪渓で久しぶりの雪の踏み心地を楽しみ、最後の石階段を登り切れば、そこは懐かしの涸沢。

f0238475_2295812.jpg


・・・また来たよ、涸沢。





3年前?あれ!?4年前だっけ・・・年を取ると、すんなり思い出せませんね(苦笑)



さて、感傷に浸るのはビール飲みながらだ!





・・・と早速テント設営を始めると、涸沢カールを滑り降りてくるような霧雨が(泣)






なんかもう濡れてもいいや。



自分、一泊の旅行でも下着3〜4枚持ってくる性格ですから、着替えたっぷりあります・・・かかって来いや〜!!








、ヽ`、ヽ`ヽ、`ヽ、('';) 、ヽ`、ヽ`ヽ、`ヽ、







f0238475_22103531.jpg


なんとか今夜の寝床を設営したら、ビショビショの服を着替えていよいよお楽しみのビールタイム!




「あいにくの天気ですね~!」




・・・なんて言いながらも、皆さんビール片手に楽しそう!!



ビールが減ってるのは、ラーメンが来るまで待ちきれなかったからです(笑)





あ~・・・隣の人のおでんも美味しそ~・・・・(´д` )





結局、おでんとビールをおかわりで昼間っから飲んだくれ・・・幸せですな~♪



アルコールも手伝ってか、テントに戻るといきなり眠気が襲ってきておやすみなさ~い・・・zzz

f0238475_2212484.jpg


山小屋スタッフのテント受付開始のアナウンスに目を覚ますと、雨も止んで少しだけ青空がのぞいていました。



山岳相談所の隊員の方とお話によると、どうやら明日も明後日も天気は悪いみたい・・・え゛!!!明後日も!?・・・しかも明日は雷雨になるかも!!??



ど~ん・・・・こりゃ涸沢で停滞か~。

f0238475_22123590.jpg


いつの間にやらテントもちらほら増えてきました。



紅葉の時期の涸沢はそれはそれは美しく、一目見ようとたくさんの登山者が訪れます。





色とりどりのテントがまた可愛くていい感じなんですよね♪( ´▽`)

f0238475_22131017.jpg


・・・ちなみに僕のテントは涸沢ヒュッテから一番離れた端っこ・・・性格出ますね(笑)



ガスの晴れた穂高稜線を眺めつつ、思い出に浸りながら夕飯の準備。






『ここに来た時に皆で買ったんだよな~・・・。』



・・・なんて思い出しながら、すっかり汚れてしまったバーナーに火を着けてコーヒーを淹れる。



涸沢カールの一日に幕を下ろすように、ゆっくりと降りてくる白いガス。








静寂に包まれた涸沢・・・パラパラとテントに打ちつける雨の音を聞きながら小説の続きを読み始める。



中盤から終結に向けて目まぐるしく展開していく物語。





普段、小説なんて読まないのに夢中でページをめくっていく・・・・・一人きりの山の夜は退屈だからなのかな?



一気に読み切りって物語は完結・・・いやぁ、面白かったなぁ!!








・・・っておいおい!明日から雨の中どうやって時間潰すんだよ・・・僕の旅はまだ中盤に差し掛かったところだと言うのに(´Д`;;



【本日のコース】

小梨平キャンプ場-嘉門次小屋-徳沢-横尾-涸沢
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-17 22:08 | 山歩 【北アルプス】

2011年8月1日~5日 涸沢~北穂高 単独テント泊ハイキング 1日目

人もまばらな早朝のホーム。



・・・ザックはきっと17~8kgといったところか。






「ハ?!夏休みなのにわざわざ山登りに行くの!?」(゜Д゜;)



「風呂入れないってどういう事!?」(゜Д゜;)





・・・あのね、お洒落なトランクケース持って海外行くだけが夏休みじゃないんですよ!(笑)





今日から待ちにまった夏休み・・・今年の夏も山へ行きます。



行き先は北アルプス涸沢、山に本格的にはまらせてくれた思い出の場所。






電車を乗り継ぎ高尾駅、お洒落な山ガールを横目に中央本線に乗り込みます。

f0238475_21374960.jpg


今回は青春18切符を使って松本まで鈍行列車の旅、上高地~涸沢周辺を目指しますが5日間も時間があるのでのんびり行きます。



高尾を出発した電車は霧の立ち込める山間部を走る。



長い笹子トンネルを抜けて甲府盆地が目の前に広がる頃には青空がのぞいていました。





ボックスシートで足を投げ出し、本を読んだり、地図を見て、車窓の景色を眺めたり・・・いい休日ですね。



・・・松本駅まではあっと言う間、やっぱり電車旅は最高だ(笑)







『マツモトー、マツモトー。』






棒読みの女性のアナウンス(結構面白いとネットでもちらほら・・・YOUTUBEにも出てますよ♪)にちょっぴりニヤケながら松本電鉄に乗り換えると登山者がズラリ!!



さすが夏休みの上高地です!



30分程、電車に揺られて新島々駅に到着、上高地行きのバスに乗り換え。







・・・懐かしいなぁ。



会社の皆で来た時の事を思い出します・・・あの時は日曜日の仕事の後にスーパー銭湯に前夜泊したっけなぁ。



釜トンネル手前の山の斜面におサルが3匹、車内の皆さんは気付いていないみたいだ(。-∀-)

f0238475_224444.jpg


上高地バスターミナルに到着すると、ポツポツと雨模様・・・。



3日目までは天気予報も悪いの分かってるもんね!・・・・・・・・・でも分かっちゃいるけどちと残念ρ(-ε-。)





あいにくの空模様にも関わらず、河童橋付近はたくさんの人。



あぁ・・・落ち着かないよ~・・・と、そそくさと人ごみをかき分けて小梨平キャンプ場へ(笑)

f0238475_22111588.jpg


受付でテント泊の受付を済ませて場所探し・・・。





おお!!ここイイじゃない!!穂高連峰が目の前!!!^^



まだまだ時間も早いので、テントサイトはガラ空き・・・いい場所にテント張れてひとまず安心。

f0238475_22205297.jpg


テントサイトの中を流れる清流、よ~く見てみると時々イワナが泳いでるのが見える。



いやぁ、癒されるね~♪





さてさて、今夜の寝床も確保出来た事だし・・・昼ご飯だ!!(・・・食べる事ばっかり。)

f0238475_2224313.jpg


悪天候なのは分かっていたので、初日の楽しみは河童橋そばにある『河童食堂』の豚汁定食と決めていたのですよ・・・ムフフ。



「豚汁定食一つ下さい!!」(*`・∀・)ノ





「・・・申し訳ありません、今日は終わってしまいまして・・・。」








ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!



「売り切れですか・・・マジっすか・・・じゃぁ、山賊焼き定食でいいです・・・。」





最近、年のせいか油モノはキツイのですが、やっぱりここの名物と言えば『豚汁定食』か『山賊焼き定食』
ですからね・・・。



でも、やっぱりこれもウマー!!(*´∀`*)





・・・で結局、マヨネーズが足りない!!(←油モノだめなんじゃないのか!というツッコミが聞こえてきそうだ。)

f0238475_2237822.jpg


お腹いっぱいになったら、売店でビールを買ってテントサイトへ。



ん!?晴れてきてるじゃん!!!明神岳に陽が当たってる!!^^

f0238475_2243883.jpg


笑顔でMyテントに戻ってきて2度目の・・・





ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!





でも・・・きっと真ん中を空けてくれたのは優しさなんだろう・・・。






まぁ、山は皆のモノですからね・・・仕方ないか(lll-ω-)

f0238475_22492043.jpg


徐々に増えてくる色とりどりのテント、それだけでワクワクしてきますね!



普段は人の少ない場所を歩くほうが好きですが、北アルプスはやっぱりこうでなくちゃね^^





梓川のほとりに下りて、川の中に石垣を組みビールを冷やす・・・さて、混まないうちにお風呂入ろうかね!!



小梨平キャンプ場では温泉ではありませんが、入浴施設があります!500円也!





熱めのお湯がサイコ~です・・・燕岳から表銀座縦走をしてきたというオッちゃんと、お風呂の中で山の話で盛り上がる(笑)



さて、さっぱりした~!!・・・この後、2日間はお風呂無しですよ。

f0238475_2258879.jpg


お風呂に入ってサッパリした後は・・・やっぱりお酒でしょう!!ヾ(*´∀`*)ノ



冷たい川の中からビールを拾い上げて穂高の山々に乾杯!!





少しガスが晴れてきた、水曜日までは天気が悪い予報だけども、どうなる事やら・・・。

f0238475_2341838.jpg


先日買ったパタゴニアのアドボケート、履きやすくてGOODです♪買って正解だったね、快適快適!!



晩御飯を食べ終わる頃には、少しずつ暗くなってきました。





辺りには高校生の山岳部らしき集団の明るい笑い声・・・街で遊ぶのもいいけど自分に子供が出来た時は、あんな風に自然の中で友達と遊んで欲しいもんだなぁ。



・・・なんて思いながら、自分にもそんな友人がちょっぴり欲しかったりして(笑)






後輩に借りた小説が思いのほか面白く、夢中で読んでいたらいつの間にか外の笑い声も無くなっていました。



本を閉じてシュラフに潜りこむ。






・・・明日は涸沢だ。




【本日のコース】

自宅-<青春18切符>-松本-<松本電鉄上高地線>-新島々-<バス>-上高地バスターミナル-小梨平キャンプ場
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-13 23:18 | 山歩 【北アルプス】

青春18切符の旅 2011 夏!

昨日は職場の電車部(自称)で、青春18切符の旅に出掛けてきました。

f0238475_23534582.jpg


当初は、吾妻線沿線の渋い温泉巡りと、高崎~水上区間を走るSLを見る予定でしたが、行きの電車の中で吾妻線が土砂崩れで運行休止のアナウンス。





ありゃりゃ、ついてないな・・・(-"-;)





『鉄子』の後輩Hと、時刻表をめくりながら急遽行き先変更、渋川駅で停車中のSLを追っかけようと決めて高崎駅に到着すると、今度は上越線水上行きの電車が25分遅れのアナウンス。





あ゛ぁ゛・・・今日は本当についてないね(-"-;)

f0238475_1929053.jpg


・・・そんなこんなで高崎から横川駅へ向かい、そこからバスで軽井沢駅へ行く事に。



電車には群馬県のキャラクター『ぐんまちゃん』のプレートが付いてましたよ!

f0238475_19314523.jpg


横川駅で峠の釜飯に惹かれるが我慢我慢(笑)



バスからは廃線となった横川~軽井沢間のアプト式鉄道の廃線敷ウォーキングコースを歩く人達もちらほら見られました。(吉永小百合さんがCMしている場所です。)



ちょっと興味ありますね、今度何かの折に歩いてみたい道です^^

f0238475_2349551.jpg


お昼ご飯に美味しいお蕎麦を食べ、SLのガッカリはどこへやら・・・単純単純(笑)



・・・え!?もう出発から4時間!?



皆でワイワイしているとあっという間ですね。

f0238475_19383181.jpg


f0238475_19385175.jpg


食後に軽井沢のアウトレットモールをぷらっと回ったら、しなの鉄道へ乗り込みます。



そびえ立つ大きな浅間山に美しい田園風景の広がる車窓が最高ですヽ(゚∀゚ )ノ

f0238475_19443026.jpg



ちなみにしなの鉄道の切符ですが、発券機で買うと普通の小さな切符でしたが、窓口で買った僕のだけ旅情感のある大きい切符でなんだか得した気分でした(←別に得はしていない(´A` )/ )

f0238475_2221959.jpg


空には青空に混じって黒い雨雲。



電車の窓に打ち付ける大粒の雨。







通り雨に濡れて輝く田圃も、ドアを開いた時に外から入ってくる雨の匂いも旅情たっぷりでした^^



やっぱり電車旅はいいですね。

f0238475_2024321.jpg


小諸駅で小海線(八ヶ岳高原鉄道)に接続、八ヶ岳を眺めながら小淵沢までの全区間制覇を目指します(笑)

f0238475_19543149.jpg


JRの最高標高地点の駅、野辺山を過ぎる頃には一人二人と夢の中へ・・・。



笑い話したり、写真撮ったり、物思いに耽ったり・・・皆が思い思いの時間を過ごす、こんな自由さも電車旅の良さなのです。

f0238475_2291730.jpg


始発の小諸駅から終点の小淵沢まで約2時間半。



雨雲の下、山間部を走りぬけて長野と山梨の県境を越える八ケ岳高原鉄道。





小雨の中、高原野菜の畑の中を走り抜けてガタンゴトン・・・小淵沢に着く頃には雨も上がり、青空が覗いていました。

f0238475_20292539.jpg


さて、18切符の旅もいよいよ終盤へ差し掛かってきました。



小淵沢からは山梨、長野方面の山行時にはお馴染みの中央本線・・・この一週間で3回目の中央本線、駅名もだいぶ覚えちゃいましたよ(笑)

f0238475_2055166.jpg


南アルプスの山々に見とれるメンバー。



まだまだ立って車窓の景色を楽しめるなんて・・・なかなか素質あります(笑)






帰りに勝沼ぶどう郷駅で途中下車し、『ぶどうの丘 天空の湯』で温泉タイム。



露天風呂からは素晴らしい夜景と、遙か向こうで光っている雷雲。





隣の女性露天風呂から



「スゴ~い!キレ~イ!!」



と、ハシャギ声。





・・・駅からここまで散々「暗い」だの「遠い」だの文句言ってたクセにこのヤロー(-"-;)

f0238475_21593088.jpg


温泉でサッパリしたら、おつまみとお酒片手にあとは帰るだけ♪



最後の最後で電車トラブルでストップがありましたが、無事予定通りに新宿で解散出来ました~。






参加した皆さん、1日お疲れ様でした(*´∀`*)



山もいいけど、やっぱり電車もいいね(笑)







企画してくれた鉄子の後輩H、ありがとね~^^



【本日のコース】


赤羽駅-〈高崎線〉-高崎駅-〈信越本線〉-横川駅-〈バス〉-軽井沢駅-〈しなの鉄道〉-小諸駅-〈小海線〉-小淵沢駅-〈中央本線〉-勝沼ぶどう郷駅-【温泉】-〈中央本線〉-高尾駅-〈中央線〉-吉祥寺駅-〈総武線〉-新宿
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-08-09 20:14 | 電車旅


山歩きのち街歩き、ときどき写真・・・たま~に電車旅。そんな日々を綴っていこうと思います。


by tatsu_m1113

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
山歩 【丹沢】
山歩 【奥多摩】
山歩 【奥秩父】
山歩 【八ヶ岳・蓼科】
山歩 【浅間・赤城・谷川】
山歩 【日光】
山歩 【尾瀬】
山歩 【北アルプス】
山歩 【鳳凰三山】
沢登り
街歩き
ねこ百景
電車旅
写真
雑記
その他

お気に入りブログ

華猫風海
日和見山歩記
谷中喃々堂
NOLDキッチンスタジオ...
お山歩日記
山の上には何がある。
きのこノコノコ
みえしるべ

最新のコメント

雪は必ず溶けて春がやって..
by はる at 22:49
鍵コメ さん メー..
by tatsu_m1113 at 13:29
よしころん さん ..
by tatsu_m1113 at 06:15
岬めぐり さん も..
by tatsu_m1113 at 06:10
あら~♪ しんこんりょこ..
by よしころん at 19:55
ん!? てっきりアルプ..
by 岬めぐり at 23:28
こしくん ただい..
by tatsu_m1113 at 20:40
おかえりなさい! おふ..
by こしくん at 23:41
ikuzou さん ..
by tatsu_m1113 at 16:01
まさ さん 返事遅..
by tatsu_m1113 at 11:12

お気に入りブログ(外部)

以前の記事

2015年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

検索

人気ジャンル

最新の記事

Blog引越しました。
at 2015-05-11 22:38
旅の思い出。
at 2014-04-24 12:45
ご無沙汰してます
at 2014-04-08 20:41
2013年の思い出。
at 2013-12-26 21:04
2013年12月12日~12..
at 2013-12-17 11:45

ブログジャンル

登山

画像一覧