<   2010年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2010年6月29日 日帰り縦走 金峰山 2名

今日は高校からの友人、Y君の山デビュー!!

この夏知り合い10名ほどで富士山に挑戦するとの事で、そのトレーニングと買ったばかりのカッコイイ登山靴の靴ならしに山歩きに行ってきました。

場所は、山梨と長野の境に位置する金峰山(2599m)山デビューと靴ならしには勿体無いくらいの山、しかも百名山! 僕にとっても楽しみな場所です。

連れて行ってと頼まれてから、どこに連れて行ってあげようかずっと悩んでて・・・最初だし高尾山とか丹沢大山あたりにしようかと思ったけど、苦行の様なのも嫌だし、観光みたいなのも嫌だし、トレーニングとは言えせっかくなら素晴らしい景色を見せてあげたいし、山に魅せられて欲しかったので少し遠いけど金峰山にしました。

朝4時にY宅にお迎えにあがり、いざ出発。

「楽しみだね!」

おぉ・・・意外とテンション高い(笑)

実は彼、度を越えた坊ちゃんの為二年前くらいに蓼科の方へドライブに行った時なんて

「自然の楽しみ方が分からない」

とか

「旅館は落ち着かないよ・・・。」

なんて言ってました。

当時、六本木付近に一人暮らし、僕は一生泊まることないであろう高級都市型ホテル(?)内に駐車場を借り(駐車場代が僕の家賃と一緒(°□°;))生活をしていた超がつくほどの坊ちゃんが庶民の僕と山登りだなんて・・・なんだか楽しんでくれるか心配でしたが安心しました。

しかし山梨県に入ると甲府付近から豪雨・・・天気予報を見て小雨は覚悟をしていたが、これはさすがに山歩き無理でしょ・・・。

一応、現地まで行ってみようと二人で話し・・・結果、今日顔が真っ黒です。


天気予報には裏切られました・・・良い方にですけど。

f0238475_22115645.jpg


カーナビ通りに車で登山口を目指すと、レタスが名産の川上村を抜け(二人で朝取りキャベツだ!とか言って騒いでいましたが・・・調べたらレタスだったのね。)その後、静かな森の中へ・・・。

綺麗な川が流れており、小雨ですがテンションが上がります。思わず写真撮影

f0238475_22122371.jpg


その後、一般車が通っていいのか分からないような悪路に・・・。ホントにこの道で合ってるのだろうか・・・絶対違うよね・・・。

でもナビを見るとこの道で合ってる様子。ときどき車のお腹が岩に擦れるような嫌な音を聞きながら、ヒヤヒヤしながらやっとの思いで大弛峠に到着・・・。

車が一台、先行者が一組いるようです。

想像を絶する数の小さい虫にたかられながら着替えを済まし、記念撮影を・・・撮った写真を見て完全に服に着られている友人に爆笑(笑)

本人も爆笑してました・・・あぁ、笑いすぎてお腹が痛い・・・さて行きましょうか!いざ出発、山デビューです!!

f0238475_2212491.jpg


快調に歩き出す友人・・・あんまり飛ばさなくていいからね~。

f0238475_22131520.jpg


霧がたちこめる森の中を歩き出し、しばらくの間は展望無し。

木々の向こう側には晴れていれば、良い景色が見えているのかもしれないけども今は真っ白。なんにも見えません。

でも鳥のさえずりを聞きながら、ちょっとモイスチャーな空気を肌に感じながら歩くのは悪くない。

でしょ?Y君。

f0238475_22313038.jpg


意外ときちんと歩いている友人をよそに、何故か息の上がる自分・・・。

f0238475_221450100.jpg


苔の中に生える三つ葉のクローバー(?)写真撮るから先歩いてていいよ・・・なんて言いながら自分だけ休憩・・・おかしい、今日は何故か疲れる。

1時間半しか寝ていないからだろうか・・・絶対そうだ。

f0238475_22152049.jpg


雰囲気良し・・・こういう感じ好きです。晴れの日は晴れの日を・・・雨の日は雨の日を楽しむ。

大人の休日って感じです。

f0238475_22324315.jpg


なんて考えてたら、晴れ間がさしてきて森の中も明るくなってきた。もしかしてこのまま晴れちゃうんじゃない?

f0238475_22162876.jpg


岩場に出ました・・・あいにくまだ展望は無し。

次々とガスがたちこめる・・・。でも、うっすら太陽が雲の向こうに見えてるのを発見。希望を捨てず頑張って歩きましょう!

f0238475_22165888.jpg


頑張って登るY君・・・。頑張れ~。

f0238475_22172374.jpg


中間地点の朝日岳に到着です。

f0238475_22174836.jpg


すると途中で写真を撮ってる間に抜かされた二人組の若者の「お~!」という声が!!

僕らも進む!!

「お~~~!!!」

向かう先には金峰山の姿が!!左側からはガスが来てるけど、ガスの切れ間から金峰山のシンボルの五丈岩も見える!綺麗な山並み・・・Y君これが山の風景だよ!!

f0238475_22183664.jpg


そうこうしているうちに金峰山はガスに隠れてしまいました・・・でもガスも切れ間が目立つし、山頂の景色は諦めず期待して行こう!

f0238475_22192147.jpg


さっきまでとは違う景色・・・。

f0238475_2212640.jpg


「なんか都会の土と踏み心地が違うね。」

お、どうしたY君!!深イイセリフを急に言い出した友人(笑)その後も名言が何回も出ましたが、下山してきたら忘れてしまった(忘れるくらいなら名言じゃないんじゃ・・・。)

でも予備知識や経験が無いからこその、山への素直な言葉がなんだか心がグッときました。

グッときたなら覚えておけ?・・・はい、その通りですね・・・。

f0238475_22383585.jpg


森を抜けた!

f0238475_22213220.jpg


その時、ガスの切れ間から展望が!

f0238475_2222119.jpg


「すごいね・・・。綺麗だね。」

と友人・・・喜んでくれてなによりです。

自然の良さが分からないと言っていた彼が、自分の足で歩いて出会えた景色です。天気も味方してくれた様子・・・まだ雲は多いし最高の展望とまでは言わないけど、山の景色を見せてあげられた事がすごく嬉しかったです。

f0238475_22222831.jpg


さて、もう少しで山頂だよ。頑張ろう!

f0238475_22232461.jpg


ふと振り返る・・・。

行きの車の中で

僕 「山並みが本当にカッコいいんだよ~。」

友人「山並みがカッコいいって何なの?!(笑)」

と笑っていた友人が

「山がカッコいいっていうの・・・なんだか分かった気がする・・・。」

って言ったんですよ・・・なんだか僕嬉しいです。

f0238475_22235469.jpg


ここをくぐり抜けると・・・金峰山山頂!!!到着!!!


・・・あれ?!山頂の写真撮り忘れました(笑)


f0238475_22242091.jpg


さて、お腹もすいたしランチにしよう。

コーヒー淹れるためのお湯を沸かしている間に自分撮り・・・カッコいい・・・いやいや僕のことじゃないですよ、山並みのことです。あっちからずっと歩いてきたんだよと友人に教える。

ホントよく頑張ったね!

f0238475_22244744.jpg


なにやらガスの向こう側に山みたいなのが見えたような気がして、よく見たら・・・。

「うわ~~~!!富士山だ富士山!!!」

思わず叫んじゃいました(笑)雲の上に富士山の先っちょが!!


今度あそこに登るんだ・・・と友人Y君も感無量・・・良かったね、富士山見れて(^^)

f0238475_22251825.jpg


さて、ご飯ご飯・・・最近甘いもの好きになってしまいました。コーヒーに合いますね。岩の上に二人で座って景色見ながらランチタイム。

彼は昼ごはん買うの忘れてお菓子だけ買ってきてた・・・ホント天然だね(笑)


「こんな景色見ながら岩の上に座ってご飯だなんて・・・なんだか楽しいね。」と友人。

そうでしょそうでしょ、これが山です(^^)

f0238475_22254242.jpg


恐る恐る景色を楽しむY君・・・ん?!今日の写真青色ばっかり(笑)二人とも青い・・・。

f0238475_22261293.jpg


ご飯のあとはしばらく山頂で遊びました。

五丈岩に登る友人・・・あとから来た男性の登山者の方とお話する僕。

僕 「彼、今日はじめての山なんですよ。お坊ちゃんで山なんか来たことなかったんですけど。」

おじさん「さっきちょっと話したけど、確かにお坊ちゃんって感じだったね(笑)」

やっぱり・・・(笑)

そんな事を話してるなんて知らないで、一生懸命五丈岩に登る友人を望遠レンズで撮ってみる。望遠が足りなくてマメ粒みたい。でも嬉しそうな感じはなんとなく伝わってくる。

f0238475_22263881.jpg


負けてはいられないと僕も挑戦・・・彼より一段上まで登りました。

「なんか登っているとき忍者みたいだったよ。」

・・・最近やたらと忍者と言われるなぁ(笑)

f0238475_2227543.jpg


さて、ちょっと遊びすぎちゃいました・・・予定ではこのくらいの時間には駐車場の近くまで戻っている予定だったのに・・・ガスもまた増えてきたので帰りましょう。

・・・あれ?!友人の後姿・・・登る前は服に着られているのを爆笑してたのに・・・少したくましくなってる・・・気がしませんか?(笑)

f0238475_22273124.jpg


そういえば、二人の写真が無いねと二人で自分撮り・・・ものすごいわざとらしい写真を見てまた爆笑、たまには一人じゃなくて友人と山歩くのも楽しいです。

f0238475_21242391.jpg


帰り道の稜線がまたカッコイイ・・・山はホントいいなぁ。

f0238475_22364285.jpg


景色を楽しむY君を望遠で撮影・・・Y君なんだかサマになってきました。

f0238475_22281591.jpg


あとはまた森の中をくだらない笑い話しをしながらテクテクと。

f0238475_2304246.jpg


結構疲れてしまった僕に「ちょっと水飲んだら?」とY君。

すっかりたくましくなった友人をよそにぜぇぜぇ・・・完全にバテてしまった自分・・・情けない。

朝日岳手前でちょっと休憩・・・顔に尋常じゃない虫がたかってくる(泣)

f0238475_2229116.jpg


往路では展望が無かった岩場も帰りは景色が見えました。

f0238475_22292392.jpg


駐車場に到着・・・お疲れさま!!とハイタッチ。

しかしここからが本当に疲れました・・・。来るとき予想外にガソリンが減ってしまい、大弛峠についた時点で給油ランプがついていた車で麓までの道をくだる・・・。

よく給油ランプがつくまでガソリンスタンドに行かなかったりするズボラな自分ですが、さすがに今回は最後のメモリを越えて底をつきそうな状態に本当に焦りました・・・。

効き目があるのか分からないけどニュートラルにしてアクセルをなるべく踏まず坂道を下り、ナビが示すルートで町まで向かうも途中の道が工事の為に通行禁止・・・アクセルを踏むのが怖いくらいギリギリの状態なのに下ってきた坂道をまた登り、途中まで戻る事に。

友人も心配そうで、途中から無口に・・・。

なんとか麓まで降りたところでガソリンスタンドを発見・・・多分ガソリンタンク空っぽだったと思います・・・次回から注意しなくちゃ、反省。

ガソリンをいれて安心した後は、昔一人で桜の時期18切符の旅した時に寄った勝沼ぶどうの丘にある天空の湯でお風呂に入り、さっぱりして帰りました。




Y君ホントに楽しかったね、また是非山においでよ!!




※ちなみにY君の事、本当はY君とは呼んでませんので・・・。そんなによそよそしくありません(笑)


【本日のコースタイム】

8:00大弛峠-9:10朝日岳-10:30金峰山12:10-13:40朝日岳-14:20大弛峠

※ちょっとアバウトですが、こんなコースタイムだったと思います。


金峰山(山梨県・長野県)について

http://ja.wikipedia.org/wiki/金峰山
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-30 22:32 | 山歩 【奥秩父】

日帰り登山、飛鳥山(笑)その後町をフラフラ・・・。

今日は、念願の飛鳥山公園のあじさいを見に・・・。

しかし、毎年電車の中から見ながら行こう行こうと思い続けて、よくもまぁこんなに長い間行かなかったもんだなぁ・・・結構行きたい場所はすぐ行くし、買いたい物は割りとすぐ買ってしまう性格なのによっぽど縁が無かったんだな。

午前中にやる事が結構あったのでカメラ持って行く気力が無く、全編携帯のカメラで写真を撮りました・・・。



なになに?いつもと変わらない?


コラー!誰だそんな事言ってるヤツは!!(°□°;)



・・・なんちゃって、疲れてナチュラルハイです、気にしないで下さい。

あぁ、こんな風になってるのね・・・。JRの線路沿いの細い路地に紫陽花がたっぷり咲いていました。いやいや結構綺麗でした。

f0238475_2229455.jpg


道が狭い!自転車の人が来るとすれ違うのが大変です。結構青系の色が多いです。

紫陽花の色についてはまだまだ完全には解明されていないようなのですが、酸性の土壌では青色が強くでて、中性、アルカリ性 の土壌では赤色が強く出るそうです・・・。

信じるか信じないかは・・・あなた次第です。

f0238475_22291483.jpg


・・・という事はこっちの土壌はアルカリ性?

f0238475_22292332.jpg


僕はガクアジサイが大好きです。

ガクアジサイの真ん中部分・・・今度見かけたら近付いてよ~く見てみてください。毬のような、お菓子のような丸い粒粒がたくさん。

色も綺麗でとてもカワイイですよ。

f0238475_22293366.jpg


しばらく紫陽花を楽しんだ後、飛鳥山登山・・・10分程で山頂へ(笑)

山頂ではどこか寂しげな象さんと・・・。

f0238475_22294348.jpg


D51が!!

子供達がたくさん遊んでるのを横目に山頂(?)から紫陽花通りの横を走り去っていく京浜東北線を眺め、しばらく休憩です。

f0238475_22295346.jpg


さて、ものすごく暑いので登山ごっこをやめて都電荒川線で池袋方面へ・・・。

f0238475_2230758.jpg


車道を走るこののどかな電車は運賃一律160円・・・素晴らしい。

『ちぃさんぽ』してるみたいでいいです、こういうの好き。

お、きたきたo(`▽´)o



f0238475_22301591.jpg


大塚駅で降りて、そこから神田小川町へ・・・。いつも通り今日も少し無駄使いしてきました(涙)

お腹が減ったので、ずっと気になっていたラーメン屋で腹ごしらえ。

f0238475_22302518.jpg


明日は友人の山デビューで山に連れて行ってあげる予定。

天気はあいにくそうだから、せめて山頂で美味しいコーヒーでも入れてあげたくて、やなか珈琲で珈琲マメを挽いてもらいました・・・う~ん、いい匂い・・・。

実は今日はテントとシュラフを見に来たのです。

ほぼ買う機種は決めているんですけどね・・・。

7月の尾瀬や8月の涸沢・・・群馬の野反湖や奥日光の菖蒲ヶ浜でもキャンプしてみたい・・・。

今日、色々回って買うモノはもう決めました!後はどれだけ安く買えるかだけ(笑)

あぁ・・・でもテントとシュラフ担いで山行ったら、今の40リットルのザックじゃ明らかに足りないだろうな・・・夜はランタンの明かりで美味しいお酒とご飯も食べたいし・・・。

という事はまた新しいザックも買わなきゃ?!

・・・誰か僕にお金を下さい・・・。

おっと、あと4時間後には山に向かわなきゃだ!早く寝ないと・・・。

それでは、おやすみなさい(-.-)zzZ
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-28 23:04 | 街歩き

青春の季節がやってきた。

ついにやってきました・・・仕事帰りに本屋に行くと、大好きな雑誌「旅の手帖」の表紙に『青春18切符』の文字。

電車旅へのお誘い・・・。

本当に「旅の手帖」とは趣味が合う。

毎回ちょうど行きたいなぁ~と思ってる場所や、やりたいなぁ~と思うことが特集されている。

青春とは程遠い年齢になりかけた僕ですが、青春18切符に年齢制限はありません。

いつまでも青春を忘れない・・・そんな気持ちを持った人々に与えられた魔法の切符、それが青春18切符。

毎年この話題が出ると母親に

「あんたはいつまで青春してんのよ・・・。」

と呆れられますが、だって好きなんだもん。

一日2300円で全国JRの普通 快速列車の普通車自由席が1日中乗り放題。

その気になれば東京から2300円で九州まで行けてしまうそうです。

山歩きや写真には結構友人を誘ったり出来ますが、さすがに18切符の旅は好きな人でないと誘えないですね。

僕「うわ~!○○線来た~!」

友人「普通の電車じゃん。」

僕「いやぁ、のどかな田園風景だね~。」

友人「ただの田舎じゃん。」

僕「こうゆう長旅もたまにはいいよね~・・・。」

友人「もう疲れた、帰り新幹線で帰ろ~よ。」



「・・・。」(°□°;)



まぁ、こうなるのは目に見えてますから。

去年は福島の会津若松駅から新潟の小出駅を結ぶ只見線と長野の豊野から新潟越後川口駅までを結ぶ飯山線に乗りに行きました・・・いやぁ、本当に良かったなぁ・・・。

両路線ともに、日本の車窓ランキングでは上位に君臨する鉄道ファンにはたまらない路線です。

去年冬と夏に行った只見線の時は所要時間約4時間半の間4時間は立って窓から外を見ていたと思う・・・もちろん席ガラガラで座れますが。

飯山線の時は同じ車両に乗ってたおばあちゃんと世間話したり、渋柿もらったり・・・ちなみに渋柿は大嫌いですけど(-.-;)

あの時の車掌さん、ず~っと

「○○よ~し!」(`∇´ゞ

「○○確認!」(`∇´ゞ

と声も動作も気合い全開で

停車駅につく度に窓をあけて電車を降りていく乗客に向けて 窓を開けて

「ありがとうございました~!」

と声をかける姿に思わず涙が出ました、きっとこの仕事に誇りを持ってるんだろうな・・・と。

それに比べ、自分は・・・。情けないな。

乗り鉄友達だった人とも疎遠になってしまったし、今年は一人で東北の方にでも行ってみるかな。

・・・でも長~い鈍行列車の度は、たま~に誰かと話したくなるんだよなぁ。

話し相手は現地調達?

いやいや僕、人見知りだし・・・誰か一緒に付き合ってくれる人いないもんかな。

あまりテンション高すぎず、おしゃべりでなく、気が利く人・・・あぁ、贅沢だな自分(笑)

乗り鉄仲間募集中です!(b^ー°)

って、いないか・・・(笑)
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-26 21:54 | 雑記

梅雨の寄り道

この時期はいつもと違う電車で通勤する事が多くなります。

いつもは埼京線で職場に向かいますが、この時期は時間に余裕があれば湘南新宿ラインに乗って新宿まで向かいます。

埼京線と湘南新宿ラインは赤羽を越えると池袋、新宿と同じ駅に停車しますが、赤羽から池袋までは違う線路を走ります。

目的は王子の飛鳥山公園の裏側の紫陽花。

JRの線路沿いに色とりどりの見事な紫陽花の花が咲き乱れます。

出勤前のちょっと贅沢な寄り道です。

その区間は息苦しくて気分が滅入る朝の満員電車の車窓から紫陽花を楽しめます。

でもなかなか縁が無くて、電車を降りてまで見に行った事がないんだよなぁ。

飛鳥山公園にはSLのD51があったり、目の前には都電荒川線も走っていて電車好きにもたまらない場所です。

今度の休みにでもちょっと行ってみようかな・・・飛鳥山公園で紫陽花見て、都電荒川線でぶらり途中下車の旅・・・早稲田の方まで出たらそのまま御茶ノ水まで行ってアウトドアショップでもまわろうかな。

しかし紫陽花の花って不思議です。見頃を過ぎた紫陽花は、枯れたまま落ちることなくずっと花をつけたまま・・・いつも不思議だなぁと思いつつも、梅雨になればいつの間にか綺麗な花に変わってる。

いつ?!どのタイミングで?!枯れたままついてた花は何処へ!?

毎年気にしつつも、いつの間にか気にしてた事を忘れ、花が咲く頃に気にしていた事を思い出す・・・いつになったら真相が分かるのか・・・。

来年こそはその真相をこの目で確かめてやる!


・・・て思いながら、来年もきっと同じ事言ってるんだろうなぁ・・・(笑)
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-24 21:42 | 雑記

2010年6月21日 日帰り奥日光ハイキング 2名 その後9800匹のホタル!!

久しぶりにめいっぱい遊んでしまった・・・。



腹8分目どころの騒ぎでは無いです。膨満感で胃薬が欲しい・・・それくらい苦しい感じです。



かねてから会社の友人が赤城山のツツジと、長野県辰野町のホタルの撮影に行くというので同行する事にしていました。



ただ、赤城山のツツジはちょっと気分では無かったので、うまくお互いのやりたい事を一日でやってしまう贅沢な計画を立てていたのです。



まず日曜日の仕事後、車で赤城に向かい早朝4時に赤城山で彼を下ろす⇒その足で僕は北アルプスの燕岳を登る⇒彼は撮影後少し休んで松本で合流⇒二人でホタルを撮りに・・・。



まぁ、こんな感じの予定でした・・・順調にいってもめいっぱい過ぎる感じですけど(笑)



しかし彼は仕事でハプニング・・・僕はプライベートでハプニング・・・。



結果的には日曜日の残業後、2時間睡眠で朝4時起き・・・自動車での走行距離850km・・・帰宅は今日の朝6時というホントにお馬鹿な休日になってしまいました・・・。



まぁ、楽しいは楽しかったですけどね・・・。疲れました。



そんな一日でしたが・・・いや、そもそも一日っていうのか・・・とりあえず一日は奥日光ハイキングから始まりました。



東京で彼を車で拾い、奥日光へ!!今日は割り勘出来るので、いつもより贅沢に高速道路で向かいます(それが普通ですけど・・・。)わずか2時間で奥日光の中禅寺湖に到着。いろは坂ではお猿さん達の集団が・・・赤ちゃん猿もいてすごくカワイイ!



朝から癒されますねぇ。



竜頭ノ滝臨時駐車場に車を停め、中禅寺湖の湖畔の散策路を歩き千手ヶ浜を目指します。



朝7時、ハイキング開始です!天気もなんとか持ちそうです。

f0238475_1595436.jpg


今日は登山では無いので、服装もラフにバーベキュー行く感じです。でも今日は長旅、疲れは残したくないのでサポートタイツは着用。



小田代ヶ原までいって一周まわりたいけど時間に限りがあるので、行けるところまで行くという結構ユルめのハイキングなので気分も楽。



でも今日はコンパクトデジカメと、連れのデジイチは無し。自分の愛用フィルムカメラだけ持ってゆっくり散策を楽しみます。

f0238475_1510632.jpg


う~ん、新緑から深緑へと変わり緑の色も濃くなってきました。左手方向の木々の間からは中禅寺湖が見え隠れしています・・・。



鳥の鳴き声を聞きながらのんびりハイキング・・・イイですね~。

f0238475_15101852.jpg


整備の行き届いた散策路なので安心して歩けます。



たまにはガッツリ登らない自然を楽しみましょ♪

f0238475_15102779.jpg


しばらくすると僕のお気に入りスポットの浜が出て来ました。秋の紅葉シーズンの時も最高に綺麗な場所です。



水面が深緑の森を映しこむ・・・水の色も神秘的で綺麗ですね。



水の中を覗き込めば小さい魚達が泳いでいます。紅葉の時期来たときは一生懸命小さい魚を捕まえて砂浜にくぼみを作りそこで1時間程飼ってました(笑)



もちろん後で逃がしましたよ!



たま~に大きい魚が小さい魚を食べようと追い掛け回す風景も・・・あ、今年バス釣りまだ行ってないや・・・。

f0238475_15103741.jpg


水際に鹿さんの足跡が。

f0238475_15104691.jpg


今度ここでコーヒーでも飲みながらのんびりしようかなぁ・・・。

f0238475_15105689.jpg


もう散り始めでしたが、散策路にはしばしばツツジの姿も・・・。落ちてしまった花も散策路を彩ってくれるので、それはそれで綺麗です。

f0238475_151168.jpg


う~ん、歩きやすくて楽だ~。ん?相方?相方はとっくに先に行きましたよ、僕がさっきの砂浜でのんびりしすぎて・・・まぁ、お互いマイペースで気楽です。

f0238475_15111523.jpg


道の向こうに湖面が見える・・・これをカメラのファインダー越しに見るのがとても楽しい。



やっぱり自分のカメラが一番!!

f0238475_15112688.jpg


千手ヶ浜に到着です。向こうには男体山の姿が・・・。



あんまり浜辺には人がいません。皆クリンソウ見に行ってるのかな?

f0238475_15113642.jpg


さて、クリンソウを見に行きますか。

f0238475_15114661.jpg


毎年気になるんですが、千手ヶ浜にこの時期ぎっしり生えているツヤツヤのお茶っ葉みたいなこの植物はなんていう植物なんだろうか・・・サラダにしたら美味しそうなくらい緑で艶やかです(笑)



毎年気になりながら、何故か調べない・・・。誰か教えて下さい・・・。

f0238475_15115747.jpg


ホントにギッシリ(笑)木が埋まってます・・・。

f0238475_151284.jpg


満開のクリンソウ(九輪草)です。いつ見てもカワイイ花。たま~に黄色い花のがあるんですよね。



千手ヶ浜のクリンソウは今が見頃、毎年混み合います。





・・・しかしご年配の方達のカメラすごい・・・。めちゃくちゃいいデジイチ使ってますね・・・。



なんか自分のカメラが化石のようです(笑)



でもそれでいいんです。マニュアルのフィルムカメラから始めたのも何かの縁だし、たまにご年配の方とかに




「君懐かしいの使ってるね~!!」





「俺も昔使ってたよ~!」



とか絡まれたりするのも楽しいので。

f0238475_15121842.jpg


しばらくクリンソウを見て楽しみます。お母さんも毎年来たがってるのに毎年僕が誰かと来ちゃうので連れてきた事ないんです。



来年あたりは連れてきてあげようかな。

f0238475_15122859.jpg


さて、まだまだ時間があるので西ノ湖までハイキングを続行。相方とも合流しました。

f0238475_15123816.jpg


西ノ湖まではハルニレとミズナラの林の中を抜けていきます。



仕事柄、ちょっとだけ縁のある木なだけにちょっと親近感が沸きます。

f0238475_15124929.jpg


沢に出会いました。この橋を渡ればもうすぐ西ノ湖です。



橋を渡る相方に「お~い!」と呼びかけ一枚写真を・・・どこにいるか分からない写真になってしまった・・・。

f0238475_1513123.jpg


お互い、昔はモテたとくだらない自慢大会(笑)をしながら西ノ湖へ到着・・・昔を語りだしたらもうオジサンかも。



誰もいない湖でとても静かです。この静けさが好きでいつもここには寄ります。



時期によって水量がかなり変わる湖ですが、今日も割りと水量がありました。水量のかなり多い時だと湖畔のヤチダモの大木が水に漬かってたいたりする事もあり、ちょっと不思議な風景を見ることが出来ますのでお勧めです。

f0238475_15131022.jpg


う~ん、いいね~。

f0238475_15132076.jpg


相方ほったらかしで一人湖畔を散策。

f0238475_15133151.jpg


ちょっと時間がおしてきたので、西ノ湖バス停からハイブリットバスに乗ってしゃくなげ橋までワープしようとバス停を目指します・・・いや、ズルしてる訳じゃないですよ!本当は小田代ヶ原の木道を歩きたいんですが、何せ無理無理なスケジュールなんで・・・。



木漏れ日が綺麗ですね。曇っていた空も晴れ間がのぞいてきました。

f0238475_15134538.jpg


バスがきた~。



クリンソウのシーズンとあって増発しているにも関わらず、ハイカーでぎっしりです。

f0238475_151356100.jpg


しゃくなげ橋までワープしたらそこから竜頭ノ滝を目指します。

f0238475_1514547.jpg


右手に湯川を見ながらテクテクと・・・。

f0238475_15141559.jpg


竜頭ノ滝上部です。ここから中禅寺湖へと水が流れていくんですね~。



先日白根山登りにきた時に咲いていたトウゴクミツバツツジはすっかり無くなっていました。




・・・とここで相方が小銭入れを西ノ湖バス停に忘れてきたと言い出し取りにいく事に・・・。



僕は一人で駐車場まで戻り、彼が戻るまで赤沼車庫で寝て待つことに・・・。

f0238475_15142558.jpg


少しうたた寝をしていると、先日ホタルの撮り方を教えてもらった先輩から電話が!!



僕が高校で初めてバイトをした職場で出会い、カメラを始めるきっかけになった先輩で自然写真はもちろん、花火写真、SL写真を中心にアグレッシブに被写体と向き合う人で今はプロのカメラマンです。



今の僕が、カメラやSLが好きなのはこの先輩の影響です。



真似したくても真似出来ないような行動(中には真似したくないような部分もありますが(笑))本当にその行動力やあくなき探究心には尊敬の言葉しか思い浮かびません。




先輩「今日ホタル行くの~?昨日は7000匹くらい出たみたいよ~。」



僕 「行く予定なんですけど、相方が忘れ物しちゃってまだ奥日光です。」



先輩「今から行くの?大変じゃない?」



僕 「そうなんですよ~、距離も遠いですからね~・・・長野だし・・・。」



先輩「結構、距離あるもんね~。」



僕 「そうなんですよ~・・・。」



先輩「俺も暇だし、行こうかな~。」





僕 「え?!・・・。」



・・・距離があるもんね~とか言いつつ、今から行こうかな~ってもう2時ですよ!普通の人だったら午後2時に暇だからって埼玉から長野に行こうと思いますか?!





やはり真似出来ないアグレッシブさ・・・。





小銭入れ取りに行ったっきり、全然戻ってこない相方が戻ってきたのは別れてから約2時間後・・・満員のバスで何本か乗れなかったらしく終点の千手ヶ浜バス停まで歩いて戻ったらしい。



赤沼車庫に戻ってきた時にはかなり疲れ顔・・・精神的にも疲れたというので先輩から教えてもらった近場のホタルスポットを提案すると・・・。




相方「いやいや、長野行くっしょ!!」





・・・ここにも普通じゃない人が・・・(苦笑)



という事で男体山に別れを告げていざ長野へ・・・とにかく遠いです。

f0238475_15143582.jpg


辰野町のほたる童謡公園に到着したのは7時ちょっと前・・・ギリギリ暗くなる前につけました。



なんか僕は長距離運転と、睡眠不足で写真はどうでもいい感じ。



やる気満々の相方をよそに、電話がかかってきた先輩(本当に来ました(笑))と久しぶりの再会を楽しみに・・・。



辺りが暗くなってしばらくするとホタルの光がひとつ・・・ふたつ・・・。



どんどんそれに共鳴するかのように他のホタル達も光を放ち始めます。もう感動としか言いようが無い光景・・・。



満天の星空を想像してみて下さい。その星空に浮かぶ星達を全部大地に落っことした感じ・・・。



こんなホタルがたくさんいるのは生まれて初めて見ました。



次第にホタル達は飛び始め、公園中に黄色い光の点滅が・・・。

f0238475_1514462.jpg


もう正直この綺麗さは、先輩に付け焼刃で教わった技術や僕の浅い知識では表現出来ないなと諦めがつき・・・構図も何も考えず後半はただただ、ホタルの光を見つめながらフィルムを浪費するばかりでした。



案の定出来上がった写真もどうしようもない・・・。



でも皆さん・・・これは思いを寄せる異性を連れていったらイチコロですよ(笑)




ただ、何十回と繰り返し放送で流れるフラッシュや懐中電灯の使用禁止を無視する人達がたくさんいたのは悲しかったです。



どんな場所でもモラルを守ることは当然のマナーですからね。

f0238475_15145777.jpg


ホタル撮影後に相方から、本来朝行く予定だったが僕の都合でなくなってしまった赤城山でのツツジの写真がやっぱり撮りたいとの申し出が・・・。



・・・やっぱり普通の人じゃない。



それで行きましたよ赤城山・・・僕は朝までに車を実家に置きにいかなきゃいけなかったので、午前2時に彼を赤城山で降ろして家路につきました・・・。



赤城山から車で下山中、タヌキ(?)イタチ(?)カモシカ、何故か猫3匹と出会い、非現実的な天然サファリパークな環境と眠気ですっかり頭も働かなくなり、帰り道はフラフラでした・・・。



3時過ぎ、先輩からメールが・・・



「今家戻ってきたよ、居眠り防止に話し相手してあげようか?」




その余裕・・・やっぱり普通の人じゃない・・・。



朝5時半、実家に戻りリビングに父の日のプレゼントの焼酎を置いて家族を起こさないように家を出ました。その後、父から電話がきました。1泊2日の旅行にしては帰りが早いじゃないかと・・・。



オヤジ・・・一応今回日帰りドライブなんだわ・・・。



走行距離850km・・・普通の僕と、普通じゃない人達との24時間の旅。





楽しかったけど、疲れました~。


【本日のコースタイム】

竜頭ノ滝駐車場-赤岩-千手ヶ浜-西ノ湖-西ノ湖バス停⇒ハイブリットバス⇒しゃくなげ橋-竜頭ノ滝-竜頭ノ滝駐車場  ※写真撮りつつのんびりだった為コースタイムは計りませんでした。
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-22 15:16 | 山歩 【日光】

縁を大事に・・・。

今日は友人の買い物に付き添い。

付き合いで富士山に登るそうで、必要な道具買うのに付き合って欲しいとの事・・・ふむふむ、全然OKですよ、アウトドアショップ行くのは楽しいからね。

友人とは高校からの付き合い、彼はホントのお坊ちゃんで僕は庶民・・・全然住んでる世界も違うんだけど、何故か縁があって未だに仲良しです。

立ちションすらした事が無かった彼にとって、ごく普通の僕は新鮮だっただろうし、僕からしてみれば着物の女性が出てくる8貫5000円の鮨屋にランチで連れていかれたり、新車のレクサス走行距離7000キロで「もうそろそろ買い換えなきゃだよね?」と相談されたり・・・まぁ非日常な世界に笑わせてもらってます(苦笑いも多いですが)

何故か彼のお母さんにも気に入ってもらえてるようだし、不思議なものです。

でもそんな超お坊ちゃんな彼が富士山登るなんていうから心配で心配で・・・汚いトイレで用を足せるのか・・・というかそもそも山登った事もないらしいし。

なんだか子供を持つ親の気持ちが少し分かった気がしますね。

まぁ、せめて装備だけちゃんとしてくれれば安心ですが。

色々な装備は貸してあげる予定ですが、登山靴だけは買ってもらって・・・まぁ何人かで行くようだし心配ないでしょう(^w^)

とか心配しながら付き添いで行ったのに、試着中僕はずっとコーヒー淹れる道具見てました・・・ホントごめんなさい。

それはそうと今度、靴慣らしで富士山の前に二回くらいどこか山に登りに行く事になりました。

高校入学して同じクラスになって、訳あって彼は間もなく学校からいなくなってしまったけど、最初の席が前後だったという縁がきっかけで友達になってこの年で一緒に山に登ろうなんて・・・人間の縁て不思議なモノです。

こんな平凡な僕の人生で自分が縁を持てる人なんて、世界の人口の本当に本当に一握りだけど、今残っている縁は大事にしたいと今日改めて思いました。

ちょっと久しぶりに飲み過ぎちゃったな・・・明日からまた仕事、来週の休日は予定もあるしそれを励みに頑張りますか!


皆さんも周りにいる人を大切に・・・。
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-15 23:31 | 雑記

平凡な休日と漫画『岳』

平凡な休日・・・たまにはいいものです。

せっかくの休日に、自然の中に出かける事が出来ないという昨日の憂鬱も、一晩寝たらスッカリ消え去りました・・・というかもう諦めついた感じですけどね(笑)

朝起きて、好きな音楽聴きながらたまってた洗濯物を洗濯機に投げ込み、部屋の掃除、それが終わったらスーツをクリーニング屋さんに出しに行ってその足で写真屋へ。

先日のバーベキューの写真、皆の分焼き増しして渡さなきゃ。いつも撮るだけ撮っといて自分だけ家で見て楽しんでるから「おまえから一回も写真もらった事ないよ。」て言われちゃったから・・・確かにその通りなんだけど・・・今回は必ず焼き増しして渡さなきゃ。

・・・て、もうだいぶ日にち経っちゃってるけどね。

写真が出来上がるまでの間、漫画喫茶でちょっとマッタリ・・・。

先日読んだ漫画『岳(ガク)』があまりに面白くて、感動してしまったのでまた読みに行ってしまいました。

あまり普段は漫画とか読まないから別に詳しくないし、この年にもなって漫画の事をこの場で書くのはどうかなとは思ったのですが、とても素晴らしい漫画だと思ったのでちょっと紹介します。

『岳』の存在自体は以前から知っていました。作者の石塚真一氏が涸沢フェスで講演会やった様子が雑誌『山と渓谷』にも載っていたし、多分山登ってる人の多くが読んだ事があると思います。

話の内容は山岳救助・・・おおざっぱに言ってしまえば『海猿』の山バージョンといったところでしょうか・・・。

世界中の巨峰を登頂して旅をしてきた主人公の島崎三歩が帰国後、ボランティアで登山者の憧れ槍ヶ岳とその周辺地域の山岳遭難者の救助を行っていく話です。

佐藤秀峰氏の書いた『海猿』や『ブラックジャックによろしく』も漫画にあまり興味の無い僕がすごくハマッた数少ない漫画で、色々考えさせられたり感動も出来る漫画でしたが、一つ一つのストーリーが長く(題材が深刻な内容ですから仕方ないのですが・・・。)読み終わった後、結構疲れてしまうんですよね・・・内容的にもなんとなく。

『岳』はほとんどのストーリーが一話完結でとても読みやすい・・・一話完結の漫画って結構、内容薄くなっちゃいそうなんですがきちんとストーリーがまとまっていて、読んだ後にはきちんと感動が残るんです。

山岳事故が題材なだけに、滑落して足が変な方向に曲がってしまってるとか、落石に巻き込まれて体半分無くなってるとか凄惨なシーンももちろん出てきます。結構こういう漫画って結局、最後は主人公が奇跡的に助けたりっていう結末が多かったりするんでしょうが、話の大半で登山者が亡くなります。

時には主人公が遭難者を背負って下山している時にそのまま背中で死んだり・・・。

でも三歩はどんな遭難者にも発見した時には「よく頑張ったね。」と声をかけます。

その遭難者が例え、既に死んでいたとしても・・・。

そして山を愛してやまないからこそ、遭難者を決して責める事なくヘリで搬送されていく遭難者に向かい「また山においでよ~!!」と叫び手を振る。

『海猿』や『ブラックジャックによろしく』の主人公とは違って三歩は苛立ちや悲しみ、葛藤を表に出しません。捕らえ方によってはすごくドライな感じだけど、優しくおおらかで山のように広い心を持った人物だと思います。

あくまで漫画ですからアルプスでテント暮らしで住所無しとか、ちょっと超人的な三歩の救助活動は現実的ではないかも知れないけれど、そのセリフや表情は実際山に登っている僕はすごく共感出来るし、心にスッと入ってくる場面が多いです。

作者の石塚真一氏も気象学を学びにアメリカの大学に留学、その後山に魅せられクライマーになったとの事・・・きっと漫画の中で表現される山の素晴らしさは石塚氏が実際に山に対して感じた事なんだろうなぁ。

「山で捨てていいものはゴミと命以外ぜ~んぶ!!」

のセリフがすごく印象に残ってる・・・山に来る理由は人それぞれ、自然を楽しみに来る人はもちろんの事、日常の何かを忘れたい人、雄大な自然の中で自分を見つめなおしに来る人もいれば、人生に行き詰って山に来る人もいるだろう。僕も今年の初めから春にかけて自分を見つめ直したり、色々な悩みや思いを捨てる為に山に行っていました。

おかげで完全にそういう悩みや思い達も捨てきる事が出来、今では純粋に自然を楽しめるようになりました。山には本当に感謝してます。

ちなみに2008年まんが大賞受賞、2011年小栗旬が主演で映画になるそうですが・・・小栗旬って・・・三歩のイメージと合わなすぎだよ~、あんな細身のイケメンが山岳遭難救助って・・・遭難者が女性だったら確実に「惚れてまうやろ~!!」ってヤツですよ(笑)

ネットで検索したら、「この漫画読んでやっぱり山は怖いと思った、多分一生行かないだろうな。」とかそんなレビューがあったりしたけど、この漫画読んでその感想ってなんか寂しい事だなと思いました。そういうことを伝える漫画では無いと思うんだけどなぁ。

登山者だけで無く、なにかしらの理由で山に来た普通の人達のストーリーも多くあるので山に興味が無い人が読んでも楽しめると思いますよ。

是非、お勧めです!!僕は本当にイイ漫画に出会えたと思いました。


あと急に話変わりますがさっき、時間があったので『味たま』作ってみました。ただいま冷蔵庫でタレ染み込み中。

明日の夜にはきっと最高にお酒に合う『味たま』ちゃんになっている事を祈っています。

S5044さん、今日はこんな一日でしたよ(^w^)

f0238475_2259203.jpg

[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-14 22:58 | 雑記

あぁ無情

あぁ~、残業で疲れた・・・でも明日からまた二連休です。

先日、白根山登った帰りに車で素通りしてきた緑と花咲き乱れる奥日光にやっぱり未練があって、土日の仕事中はずっと次の休みは奥日光に行こうなんて考えてました(←仕事しろよっ)

でもあいにく月曜日から天気予報は雨・・・もう梅雨ですもんね。

でも知ってました?奥日光に梅雨は無いらしいのです。

いろは坂から下は雨でも、いろは坂を上がれば快晴だったり、地形や標高の関係で、日光市街~中禅寺湖東側と中禅寺湖西側~戦場ヶ原エリアは天気が違うらしいんです。

梅雨時期、日光駅前で雨が降ってても奥日光まで上がれば快晴・・・そんな素晴らしい事もよくあるそうですよ。

確かに昔、写真撮りに行った時いろは坂まで晴れだったのに戦場ヶ原まで上がったら吹雪だった事があったよなぁ・・・。

下界は雨の予報だし、ローカル線の旅気分で、特急使わずに東武鉄道でのんびり奥日光までいってみよう!

車窓から雨の降る街を見ながら電車旅・・・とってもいいじゃない!

それでカメラ片手に小田代ヶ原、西ノ湖とかゆったり歩いてみよう。人のいない千手ヶ浜で今度こそコーヒー!

皆きっと,奥日光に梅雨がないなんて知らないだろうなぁ・・・またのんびり一人歩き出来るかな~。

そんな期待を抱いてる僕に会社の同僚が一言

「梅雨が無いとか知らんけどピンポイント天気で奥日光雨だよ・・・。」



ど~ん!!(°□°;)


・・・ウンチク語りながらも希望は儚く散ってしまった。

明日何しよう・・・。

天気のバカヤロ~!!
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-13 22:49 | 雑記

2010年6月10日 日光白根山 単独日帰りピークハント 

しばらくの間、丹沢、奥多摩に本当にお世話になっていました。



冬でも登れるし、お金はかからないし・・・本当にありがたいのですが、そろそろ北の方の山も雪が少なくなり、エキスパート向けの危険な冬山から緑と青空の綺麗な夏山へと変貌する時期に。



そろそろちょっと足を延ばしてみようかなと・・・。



先週の丹沢主稜縦走を無事に終えられたので、少しだけ自信がつきました!



でも僕は高い山に登る事が目的ではありません、山歩きが楽しい事!これが一番大切です。






だからもちろん丹沢、奥多摩も行きますけどね、安くて楽しくて大好きですから。



という事でどこへ行こうか・・・。



①尾瀬に行く。



②去年最初から最後まで霧でなんにも見えなかった日光白根山(2578m、百名山)にリベンジする。




う~ん、どっちも行きたい・・・でも今の時期の尾瀬は水芭蕉の見頃とあって相当混んでそうだ・・・じゃあ嫌だな・・・。



高い山には行きたいのですが、結局は人の少ない静かなところに行きたいのです(笑)



・・・人気ある高い山はそれなりに人いるんだろうけどね~。





前日、仕事終わりに上司に飲みに誘われましたが素直に事情を話し断りました。




ホント自分で言うのもなんだけどかわいくない部下だなぁ・・・なんか申し訳ない(笑)



家で寝るとだるだるになりそうなので、寝ずに車で日光へ向かいます。






・・・深夜12時発、しかも下道で・・・お金無いからね(笑)



本当に奥日光が大好きなんです。写真も良く撮りに行ってたし、ドライブにもよく行くしハイキングにも行きます。



色んな思い出があるけど全部良い思い出です。



ナビに奥日光下道ルート入れると到着7時5分?!・・・結局3時に着きました・・・夜は早い(笑)



途中いろは坂からは8匹の鹿に遭遇・・・本当に多い。しかも今日は小さい子供ばっかり!!かわいい!





登山口に着くと満天の星空!!・・・とライトが反射して目の光ってる鹿君たち・・・。



少し寝ないと・・・でもこんな真っ暗なところで一人で寝るなんて・・・怖すぎて寝れないよ(泣)






・・・zzz



寝てましたよ・・・いつの間にか(笑)



最近、のび太君並みに寝るのが早いなぁ・・・。



もう既に空はうっすらと明るくなってきている、ちょっと早いけど目覚めちゃったし行きますか!!

f0238475_202592.jpg


日光国立公園・・・ちなみに今日は菅沼登山口から登ります。



去年はロープウェイの山頂駅から登りました。

f0238475_203116.jpg


少し行くといきなり登り・・・岩がゴロゴロしてて非常に歩きづらいです。



てか頭がボーっとする・・・。

f0238475_2032117.jpg


今日は天気が良さそうです。予報では曇り、その後雨だそうです。まぁ、この時間から登ればきっと大丈夫でしょ!



空は既に明るくなってきてます。

f0238475_2033188.jpg


周りを見ると山がたくさん。



鳥の鳴き声と、僕の足音、熊鈴の音だけの世界。





・・・いいですね。

f0238475_2034110.jpg


いつも行ってる丹沢や奥多摩とは植生も違うので、植物観察も楽しいものです。

f0238475_2035138.jpg


おっ!山の向こうから太陽が上がってきました。

f0238475_204058.jpg


雪が出てきました。



ここから山頂までのほとんどの区間で雪道です。



アイゼンは使わないでいいくらいの雪だけど、腐りかけの雪は足の変な筋肉を使う・・・登山開始後間もないのに既にふくらはぎがプルプル(笑)

f0238475_2041017.jpg


太陽の光が森にも入ってきて急に明るくなってきました!爽やかな陽気!!



上空の風は強いようで、すごい速さで流されていく雲。



天気予報が前倒しにならないか不安になり自然と足早に・・・今日こそは日光白根山山頂で展望が見たいぞ。

f0238475_2041951.jpg


朝日を浴びて木漏れ日が綺麗です。

f0238475_2042890.jpg


大分上がってきました・・・しばらく変わらない景色だったけど少し景色が変わりました。


あの先には白根山が待っている!頑張れ自分!!

f0238475_2043795.jpg


ふと後ろを振り返ると・・・





「うわ~!!あの雲まずいでしょ!!勘弁してよ!!」


燧ケ岳方面から流れてきている・・・今日、尾瀬を蹴ってこっちに来たから復讐されてるような気分(笑)




明らかにあっちから雲がこっちに流れているのに・・・あの雲のかたまりまでこっち来たら確実に展望無しでしょ!!急がなきゃ!!

f0238475_204489.jpg


弥陀ヶ池に到着・・・山の上にある湖なんて神秘的ですね~アメンボがいっぱいいました。

f0238475_2045811.jpg


ここまで来たら山頂まであと少しです・・・といってもここからが急坂ですが。



・・・なんか山に立ち向かっていく感じでカッコ良いな(自分で言うか?)

f0238475_205845.jpg


ひぃ~きついよ~。

f0238475_2062462.jpg


そうこうしているうちに大分上がってきました・・・しかし例の雲は確実に近付いてきてる。

f0238475_206363.jpg


山頂手前の最後の急斜面は雪が深くて結構キツイ!



斜度あるなぁ、これ・・・。





なんて歩いてたら踏み抜いてしまい転びかけました。


今日は久しぶりに自分のカメラ持ってきてたんですが、あやうくカメラ逝ってしまうとこでした・・・危機一髪・・・。

f0238475_206463.jpg


さっき通ってきた弥陀ヶ池があんなに小さく見えます。眺め最高です。

f0238475_206555.jpg


ここを上がってきました・・・結構上から見ると怖いです・・・。

f0238475_207589.jpg


あと少しです、だいぶ上がってきたなぁ・・・。



今日登っている日光白根山は関東地方の最高峰!日本のここから東と北にもこの山以上高い山は無いのです。



・・・という事は日本のここから北と東の一番高いところに6月10日付けでは僕が一番最初に登ったという事かも知れない!!



僕より早く登ってる人がいれば話は別ですが、これって結構すごいな、一人でなんか感動してました(くだらない・・・。)

f0238475_2071545.jpg


最高の眺めだ!!



皆はまだ夢の中、僕は今、山の上にいますよ~!!





なんか今日は考える事が変だ・・・あんまり寝てないからナチュラルハイなのかもしれない。

f0238475_2085622.jpg


山頂到着直前から例の雲がこっちまで来てしまい、ガスにまかれてすごく寒い!!インナーダウン持ってきて良かった~。



こっち側だけはガスがかからず、ホントいい眺めです。

f0238475_157120.jpg


山頂到着です!!



ガスに巻かれて何も見えませんでしたが、30分ほど寒さに耐えながら待ち続けたらなんとか晴れました^^



諦めないで良かった!!

f0238475_1571287.jpg


さて、眺めはもちろんの事ですが今日はもうひとつの目的があるんです。



山頂で山と雲海を見ながら朝ご飯を食べようという企画!



雲海は出なかったけど、ものすごい速さで山頂の上を通り過ぎていく雲と、この眺めを見ながらの朝ごはんなら文句はないでしょう!!






今日のメニュー、まずガーリックバターでベーコンを炒めて・・・カリカリに焼いたマフィンにとろけるチーズと一緒にはさむ。



これスターバックスだったら一個400円はするね(笑)

f0238475_20101390.jpg


じゃ~ん!!どうでしょうか!味は・・・美味しいに決まってますよね。



ウマイ!!ウマ過ぎる!!



ここまでのガソリン代 往復2500円 







最高の朝ご飯・・・プライスレスって感じでしょうか・・・あぁ、今日は本当にくだらない事ばっかり思い浮かぶなぁ。

f0238475_20102311.jpg


そしてもちろん山頂で飲む朝コーヒーは最高ですよ!!



さて淹れましょうか・・・ってコーヒー車の中にお菓子と一緒に置いてきた~(泣)



仕方ないのでお湯・・・無味無臭。



久しぶりに飲みましたよお湯・・・最高の朝ごはんが台無しだ。

f0238475_20103122.jpg


・・・と、ここでまたガスが山頂を覆います。まだまだきそうな感じです。

f0238475_20104263.jpg


でもすぐに風に流されてまた青空が。なんだか綺麗な空だな。

f0238475_20105165.jpg


おっとあれは・・・。

f0238475_2011784.jpg


これから向かう五色沼です。綺麗ですね・・・。楽しみ楽しみ・・・。

f0238475_20111792.jpg


山頂付近に残っていた雪です・・・すごい厚みだなぁ。

f0238475_20112692.jpg


さて、だいぶゆっくりしてしまいましたが五色沼に向かいます。



こんな展望を楽しみがらこんな道を歩いていくなんて、なんて山歩きは楽しいんだろう。

f0238475_2012324.jpg


まだまだ雪がたっぷり。



久しぶりの雪の感触でとても楽しいです。

f0238475_20121468.jpg


避難小屋到着、あと少しで五色沼です。

f0238475_20124875.jpg


木々の間を抜けると目の前が広がり、五色沼が目の前に!!

f0238475_1046736.jpg


とても水の綺麗な沼でした。周囲を山に囲まれ、とても静かな場所。



だ~れもいない広い場所でひとり風に揺れる瑠璃色の水面を見てマッタリ・・・そうそう、こういうのがしたかったんだね。



コーヒーは無いけど(泣)





向こうに見えるのはさっきまでいた日光白根山山頂・・・登りは大変なのに、下りだとすぐ下りてきちゃうんだよなぁ。

f0238475_20135678.jpg


う~ん、綺麗だな~。

f0238475_2014948.jpg


五色沼でゆっくりした後は、一度弥陀ヶ池でもと来た登山道と合流して下ります。



ここでようやく登山者の姿が・・・。





本当に今日は山独り占めだったな。

f0238475_20141863.jpg


駐車場まであと少し・・・朝通った道は新緑が綺麗だったんだ、暗くて分からなかった。

f0238475_20143268.jpg


帰りにいつも寄る光徳牧場へアイスクリームを食べに・・・。



遠足の小学生の集団に混じって牧場の牛と馬を眺めながら食べてました・・・登山服のままで(笑)





あ~あ楽しかった。今日も一日お疲れ様でした~!

f0238475_20144975.jpg



【本日のコースタイム】

4:40菅沼登山口-6:00弥陀ヶ池6:10-7:05日光白根山山頂8:40-9:15避難小屋-9:25五色沼9:55-10:15弥陀ヶ池-10:55菅沼登山口



日光白根山について

http://ja.wikipedia.org/wiki/日光白根山
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-10 20:14 | 山歩 【日光】

ビッグニュース・・・個人的に。

今日もいつも通り日曜日の出勤。

天気は・・・快晴。

皆、山とか行くんだろうなぁ・・・羨ましい。

駅のホームには鉄っちゃんがズラリ、今日も何か走るのかな・・・。

いつもなら少し憂鬱な日曜日朝の駅のホーム。

でも今日はちょっとニンマリ。

ホームのベンチに座って、目の前に見えるPARCOに好日山荘(アウトドア用品店)が入るという情報を昨日入手。

ホントに?!・・・ビーサンで歩いてアウトドアショップに行ける!!

これは心底嬉しい。

地元のPARCOはあんまりお客さんが入っていない。

たま~に行くと大抵数店舗店が閉店しているし、空きテナントも多い。

以前は気に入ってる服屋が一店舗あったのでよく行ったけど、今では地下の食品売場に並ぶ魚を見に行くくらい・・・。

いやぁ、ホント嬉しいです。

一人暮らしを始めてからずっとこの街で暮らしてる。

商店街もスーパーも、飲み屋も映画館もあって、県庁もあるので治安もいい。

さらに商店街にはだいたいいつも猫がいて、猫好きな僕には言うこと無しなのです。

そんなこの街にあったらいいなぁとずっと思っていたのがアウトドアショップと、ちょっと悩んだときに夕日を眺めながら佇める川沿いの土手。

川沿いの土手は絶対に無理だけど、アウトドアショップが出来たおかげでさらにこの街から離れられなくなりそうだ。

・・・といっても、あのお客さんの入り方だとすぐに潰れてしまいそうだけど(笑)

なんか無駄使いしちゃいそうで怖いです・・・。
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-06 09:29


山歩きのち街歩き、ときどき写真・・・たま~に電車旅。そんな日々を綴っていこうと思います。


by tatsu_m1113

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

カテゴリ

全体
山歩 【丹沢】
山歩 【奥多摩】
山歩 【奥秩父】
山歩 【八ヶ岳・蓼科】
山歩 【浅間・赤城・谷川】
山歩 【日光】
山歩 【尾瀬】
山歩 【北アルプス】
山歩 【鳳凰三山】
沢登り
街歩き
ねこ百景
電車旅
写真
雑記
その他

お気に入りブログ

華猫風海
日和見山歩記
谷中喃々堂
NOLDキッチンスタジオ...
お山歩日記
山の上には何がある。
きのこノコノコ
みえしるべ

お気に入りブログ(外部)

以前の記事

2015年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

検索

その他のジャンル

最新の記事

Blog引越しました。
at 2015-05-11 22:38
旅の思い出。
at 2014-04-24 12:45
ご無沙汰してます
at 2014-04-08 20:41
2013年の思い出。
at 2013-12-26 21:04
2013年12月12日~12..
at 2013-12-17 11:45

ブログジャンル

登山

画像一覧