カテゴリ:山歩 【日光】( 7 )

2度目のオフ会!冬の奥日光スノーハイキング。

昨日は2度目のオフ会!



昨年の秋、奥多摩の紅葉トレイルをご一緒させて頂いた0041さんと奥日光へ雪遊びに行って来ました。



心境の変化なのかな?人見知りな上に一人が好きだけど、今年は色んな人と山に行きたいなと思ってお誘いしてしまいました。

f0238475_23442161.jpg


今回は電車で行くのんびり山行・・・僕はいいけど健脚の0041さんは物足りなかったかな?



当初は三本松茶屋でスノーシューを借りて戦場ヶ原辺りをプラプラする予定でしたが、気合十分(?)の0041さんがなんと前日にワカンを購入!さらには予想よりも雪が少なかったので少し距離のある竜頭ノ滝から高山~千手ヶ浜~小田代ヶ原~赤沼を歩いてきました。

f0238475_23475714.jpg


晴れなんだか曇りなんだか分からない微妙な天気でしたが、オフシーズンの静かな奥日光を満喫してきましたよ♪



それにしても今年はやはり雪少ないですね~・・・後ろに映っている男体山も雪少ない!僕でも登れるんじゃないか?・・・この時期に登ると末代まで祟られるそうですが(´Д` )



真っ白頭のお山さんは白根山くらいでしたよ。

f0238475_23521258.jpg


雪の上に残された誰かの足跡・・・ウサギ?なんだろ?



この足跡をず~っと追いかけていったら主に辿り着くのかなぁ・・・なんていつも考えますけど実際どうなんでしょうね(笑)

f0238475_23572936.jpg


途中まではスノーシューもワカンも出番無しでしたが、千手ヶ浜から小田代ヶ原へ向かう途中で踏み跡の無い散策路を発見!



通らなくても良い道でしたが、せっかくなので無理やり日の目を浴びさせました・・・その結果、しばらくしてルートロス(笑)



途中まで等間隔であったピンクテープと看板が急に見当たらなくなったので仕方無く林道に戻りました。



やっぱり雪が積もっていると道が分かり辛いですね。

f0238475_08928.jpg


そうそう、今年出現した幻の小田代湖はそのまま凍結していましたが湿原の植物達は来年どうなっちゃうんでしょうかね?気になります。



無事に雪遊びを終えて帰り道、久しぶりの電車山行だったので缶チューハイ片手に楽しくお喋りしながら家路につきました。



なんだか楽しくて一日中喋くりまくってた気が・・・0041さんも僕が人見知りという事を疑ってましたが、あれだけ話してたらそりゃそうか(笑)








余談ですがちょっと残念な・・・いや、ものすごく残念な事に愛用しているレンズが故障してしまいました(゜д゜lll)



実は先日、奥多摩鳥屋戸尾根を歩いた時に足を滑らせてしまい、地面にカメラぶつけてしまったんです・・・その後、ズームする時に少し引っ掛かる感じがあったものの撮影出来るし、写真を見ても問題無かったのでそのまま使っていましたが、どうやら遠景のピントがオートで合わない!?



美ヶ原の時もそんな気がしてたけど、雪と雲ばかりでコントラストが無いからかな・・・なんて思っていましたがピントリング回すとガタガタしだした。



そして本日、レンズは入院(泣)






・・・という訳で、今回はあまり写真が撮れなかったので詳しいレポは勝手に0041さんに任せようと思っております(笑)



0041さん楽しい一日をありがとうございました!・・・そしてレポよろしくお願いしま~す^^
[PR]
by tatsu_m1113 | 2012-01-18 00:25 | 山歩 【日光】

2011年10月3日 日光白根山 日帰りハイキング 3名

「はじめまして!」







・・・この瞬間さえ乗り越えればあとは気楽なモノだ。





今日は同僚のKと、その繋がりで本社で働く後輩山ガールとの山歩き。



天気の心配は無さそう・・・あとは初対面の後輩と打ち解けられるか、それが問題だ。





ここ数日はそんな事ばかり考えていたけど、そんな不安は早朝5時にあっけなく解消、話も弾んで快適なドライブ気分で日光白根山へと向かった。



・・・いい加減この人見知り体質どうにかならないもんかね。

f0238475_2241114.jpg


15分ほどのロープウェーの空の旅を楽しめば、もうココは標高2000m。



山頂付近にかかっていた雲は風に流されて、綺麗な日光白根山が僕らを出迎えてくれた・・・あれ?山頂付近が白いな。



ロープウェーの始発時間を待ち侘びていた登山者達が続々と山頂に向けて歩き出し、僕らもそれに続く。



苔蒸した針葉樹の森は朝日を浴びてキラキラ綺麗だ。

f0238475_2244723.jpg


今朝は相当な冷え込みだったらしく、ところどころ霜で白くなっています。



木々の間から覗く白根山の姿に息切れしている後輩にも笑顔がこぼれます。





僕自身は3度目の日光白根山、最初に訪れたのが山頂駅を起点としたこのルートでした。



その時はガスでほとんど何も見えなかったけど、なんとなく道の雰囲気は憶えているもんだ。

f0238475_22481948.jpg


針葉樹の森から秋色に染まりはじめた広葉樹の森へと風景は変わっていく。



紅葉の見頃にはまだ早いけど、空の青さ、流れていく白い雲、風に揺られてヒラヒラと落ちて来る黄色の葉は秋を感じさせるものでした。

f0238475_22511353.jpg


ちょっと辛いかな?頑張れ!!

f0238475_22523243.jpg


ふと上を見上げればにハッとさせられる空の青さ。



ゆるやかに標高を上げるにつれ、白くなっていく植物達。



ここらへんで少し辛そうな後輩を平坦な場所で休ませる・・・同僚のKは・・・ま、彼はどうでもいいが(笑)

f0238475_22581027.jpg


木々の間から見える山並みも稜線近くは真っ白・・・やっぱりそうだ、これは後輩に素敵なモノを見せてあげられるかも知れないぞ。





風に大きく揺れる木の向こう側に山頂付近の岩場が小さく見えた。



岩のゴロゴロした登り、ここを登れば・・・「ちょっと目つぶって登って来て!」・・・思わず後輩にそんな事を言った。



・・・目つぶったら登れないよな(笑)

f0238475_2315534.jpg


真っ白!



朝の冷え込みと強風で山頂付近は白い樹氷の世界。



初めて見る自然の美しさに後輩も喜んでくれた様子、もちろん僕もこんな景色が目の前に広がれば嬉しいに決まってる。



いつだって自然の美しさには驚かされ、そして感動させられますね。



雪の華と化したハンゴンソウが風に揺れていてなんだか不思議・・・この絵は予想してなかったな。

f0238475_23123593.jpg


しかし、ここからがキツかった。稜線上は冷たい強風が吹き荒れ、砂地の登りに足は取られて他の登山者達もなかなか進めない。

f0238475_23164546.jpg


う~・・・寒い。

f0238475_2317698.jpg


山頂直下の白根神社を越えれば、山頂はもう目と鼻の先。



男体山と中禅寺が一望です。

f0238475_2113255.jpg


10時50分、無事に山頂に到着です。



標高2578mの頂は関東最高峰で日本百名山、文句無しの素晴らしい山頂です!





二人ともイイ笑顔、よく頑張った!

f0238475_23223892.jpg


山頂の興奮も冷めやらぬまま、大勢の登山者でごった返す山頂を離れ休憩ポイントを探す。



眼下には青い湖面の弥陀ヶ池や菅沼、広がる山並みには雲の影が走る。





燧ヶ岳と至仏山も見える・・・この間はあそこにいたんだな。一度登った山は綺麗に見えるというのは本当だね(笑)

f0238475_23255969.jpg


一面真っ白でホント綺麗。



ここらでランチを予定でしたが、あまりの強風で鼻水が出てるのか出てないかも分からない状態なので避難小屋でご飯にする事にしました。

f0238475_2328827.jpg


すごく寒いのにすれ違う方は皆さん笑顔・・そりゃそうか、この景色だったら。



斜面に咲き乱れる雪の華畑の向こうにはエメラルドグリーンの五色沼、雲の影が映る度にその表情を変えていきます。




さて、ここから下りますよ。

f0238475_23313498.jpg


f0238475_23414925.jpg


見頃にはまだ早いけど、山の中腹は秋模様。



稜線に近い箇所はやはり白くなっています。

f0238475_23324439.jpg


避難小屋に向けて急下り、斜度が緩んでくると登山道はダケカンバの森へと入っていきます。



森を抜ける頃には太陽は隠れんぼ、さっきまで青かった空はいつの間にか真っ白になってしまったのでした。

f0238475_21205386.jpg


避難小屋に到着したら早速ご飯の準備に取り掛かります。



毛布や布団も用意された避難小屋、風が当たらないのは本当にありがたいですね。





寒い時って温かいだけで幸せ。





『ネズミが出ます』・・・さすがに泊まるには気が引けますが(苦笑)

f0238475_23392490.jpg


かわいい山ガールがいるからってお洒落ご飯は作りません、男は黙ってガッツリご飯。



お洒落ご飯はお腹に溜まりません!(・・・イメージだけどね。)





ゴボウとキノコの出汁がタマらん!Kも後輩も最高に美味しいと喜んでくれました。



幸せな時間を過ごして外に出ると雪がチラホラ・・・今シーズン初雪!さっきよりも冷えた気がします。

f0238475_23454851.jpg


雪を降らせた雲も五色沼に出る頃には風に流され再び青空に。



今も山頂付近で吹き荒れているであろう強風が嘘のように静かな湖畔、登った人にしか見れない素晴らしい景色だ。



こんな場所でテントが張れたなら最高なんだけどな。

f0238475_23495084.jpg


さっきまであそこにいたんだ・・・とお二人さん(笑)

f0238475_23514133.jpg


五色沼から登り返し、弥陀ヶ池に着いた頃には山頂付近は完全に雲の中へ・・・なんだかさっきよりも斜面が白くなった気がします。



あとは後輩に鹿を見せてあげたいと思い、Kと森を見渡しながら歩くも鹿は現れず・・・また今度だね。

f0238475_23581198.jpg


大好きなカワイイ苔や赤く紅葉した葉に足を止めながら快適な山歩き。



楽しい時間はあっという間、気付けばもうそろそろ今日の山歩きはおしまいです。





ロープウェー山頂駅へ戻ってきた時には白根山はすっかり雲の中、タイミング良く登れて良かったね。

f0238475_01171.jpg


最後に白根山バックに山ポーズで記念写真。



後輩だけ何故か槍ヶ岳(笑)





帰りは金精峠を抜け、光徳牧場のアイスと温泉を楽しみ帰路についたのでした。







余談ですが、後輩から聞いた話によると、どうやら久しく会っていない本社勤めの先輩や他の店舗で働いている面識の無い山好きの先輩がこのブログを見てくれているらしい。



いつの日か、そんなまだ見ぬ身近な山好きの方々と山を登る機会があるのかも知れないな〜なんて考えると不思議です・・・人見知りの僕が?早いとこ治しておかないとな(笑)





【本日のコースタイム】
8:20ロープウェー山頂駅-10:50日光白根山11:30-13:00五色沼避難小屋13:35-14:00弥陀ヶ池-15:20ロープウェー山頂駅
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-10-09 00:17 | 山歩 【日光】

2011年7月5日 奥日光 社山 日帰りハイキング 2名

今週はずっと気になっていた奥日光の社山へ登ってきました^^



もともと一人で丹沢の畦ヶ丸に滝と沢を楽しみにのんびりハイク・・・なんて考えていたんですけど、急遽後輩山ガールが同行する事になり行き先変更。





山デビューの大山はまだしも2回目は雨山峠から檜岳山稜、3回目が畦ヶ丸ではちょっと渋過ぎでかわいそうだなと思いまして(笑)







さて、夜の3時(いや、朝の3時か?!)後輩を拾い、一路奥日光へ!!



昔から奥日光への行き道は一般道と決めている・・・夜の日光街道はガラ空きだから三時間くらいで着いちゃうんだな!節約節約^^





昔は星の光跡写真や朝焼けや雲海狙って夜から下道でしたが、この年になるとさすがにこの時間帯はキツイですね(;´Д`)

f0238475_22512137.jpg


「少し寝ときな。」






・・・なんて言って後輩を寝かせたのに、男体山の手前にかかる虹を発見して思わず起こす(笑)



幸先イイ?





・・・いや、なんだか雲行きが怪しい感じ(^^;)

f0238475_22503038.jpg


巨大な杉並木が立ち並ぶ日光街道を抜ければ、いよいよ日光連山のお出ましです。



「カッケ~!!!!!」



カメラ片手に車を飛び出す僕・・・









後輩「・・・そろそろ本当に寝させてもらっていいですか?」



お、おぉ・・・ゴメンゴメン。 







 (╬◣д◢)・・・・・・・・・・・・(´д`;)









いろは坂の手前からスコールのような大雨・・・歌ヶ浜駐車場についても止まない大粒の雨にしばらくツバメ観察しながら様子を見ていましたが、雨も少し弱まったのでレインウェアを着て歩き出します。



ピンポイントの天気予報でももうすぐ晴れそうだ。

f0238475_23103718.jpg


深緑の森が傘代わりになって、雨音の大きさの割にあまり濡れません^^



まずは阿世潟まで歩きやすい遊歩道歩き。







イタリア大使館別荘記念公園を越えた辺りから青空がチラホラ・・・ヤッタ!晴れたぞ!!

f0238475_23131524.jpg


青くキレイな湖面に引き寄せられるように湖畔のビーチへ。



中禅寺湖の向こう岸には堂々たる男体山の姿・・・雨雲もどんどん流されていきます。






雨も止んだ事だし、稜線からの展望が楽しめそうだ^^

f0238475_23172973.jpg


雨上がりの森はたまりませんね!



後輩もこりゃイイ!!と大声で叫んでる・・・晴れて良かった!この子相当な雨女らしいので(笑)

f0238475_23204975.jpg


登山する方はもちろんですが、中禅寺湖を一周する方も結構いるようですね。



確かにこんな気持ちの良い木漏れ日の中を歩いたら、都会の喧騒なんて忘れてしまいそうだ^^






奥日光は老若男女に愛される素敵なエリアですね。

f0238475_23235972.jpg


歌ヶ浜から1時間ほどで社山への分岐点、阿世潟に到着です。



この景色・・・毎度の事ですが、思わず昼寝したくなっちゃいますね(笑)

f0238475_23263950.jpg


こんなところでテントが張れたら最高なんですけどね~。



対岸の菖蒲ヶ浜はキャンプ場があるんですけど、出来ればこういう静かなビーチが理想です。






テント泊OKにならないものか・・・無理だろうけど。

f0238475_2329744.jpg


昨日、サポートタイツと短パン買ったらしく車の中で自慢していた後輩(笑)



・・・いっちょまえな格好になってきたね~♪

f0238475_2331397.jpg


う~ん、最高っス!!

f0238475_2332541.jpg


阿世潟のビーチで休憩したあとは、いよいよ稜線に向けて登りです。




後輩「大丈夫ですか~?!」








・・・大丈夫じゃないわい・・・暑いしキツイよ~(´Д`A;)

f0238475_2335444.jpg


大した登りじゃないんですけど、やっぱり登りはキツイ(笑)



阿世潟峠で稜線と合流したら山・・・山・・・・・・・山!!!な景色が広がり後輩も感動!





まだまだ景色がいいのはこれからですよ~^^

f0238475_23371771.jpg


青々とした深緑。



南側の斜面に一株の山ツツジがまだキレイに咲いていたのが印象的でした。





さて、目指すは大パノラマが広がる稜線!!

f0238475_2341122.jpg


二人してヒ~ヒ~言いながら標高を上げていくと、青い湖面の中禅寺湖と男体山の展望が^^



後輩のテンションも上がりまくり・・・今まで連れていった山とは景色が違いますからね!

f0238475_2343211.jpg


岩場の小ピークからの稜線。



ここからは左右に大展望の広がる稜線歩きです。

f0238475_23444883.jpg


天敵のトンボがわんさか飛んでいたせいか、ブヨなどのやっかいなヤツラは皆無♪



いやいや快適です・・・トンボさんサンキューです^^

f0238475_2346153.jpg


白い雲に青空・・・夏ですね~♪



抜けるような青空に向かって登って行く姿はすっかり山ガールですね(*´∀`)






・・・巷の山ガールより渋い山ばかり登らされてちょっとかわいそうですが・・・これは先生が悪いか(笑)

f0238475_23485616.jpg


思わず何度も振り返ってしまう景色。



男体山に八丁出島、中禅寺湖を行き来する遊覧船も見えます。






今まで見てきた奥日光の景色を違う角度から見るのはまた格別です。

f0238475_23524670.jpg


「みんな山に来ればいいのに!!」




・・・なんて叫ぶ後輩(笑)



女子の山仲間募集中みたいですよ・・・このブログ見てくれている会社の女性陣、いかがですか?^^






あ、もちろん男性陣も募集中です(笑)

f0238475_23553544.jpg


そんなこんなで社山(1827m)無事に登頂です!!



後ろにちょこんと見えるのは男体山。



コメツガに覆われた山頂はあまり展望はありませんが、南方面には足尾山塊が広がります。



足尾銅山の煙害の影響はいまだに残っていると言われていますが、木が枯れて荒れた山肌が痛々しいです。

f0238475_2358322.jpg


山頂を越えて少し下ったところにちょうどいい休憩ポイントがあります。



凍らせてきたカルピスがめちゃくちゃ美味しいス!





休憩ポイントからは過去に2度登っている日光白根山(2578m)がバッチリ見えます(´∀`*)



その他にも、これまた日本百名山の皇海山も眺める事が出来ますよ~。

f0238475_055990.jpg


写真センス0の後輩が撮った写真・・・これだけは許せるが他はとにかくひどかった。



・・・人の事は言えませんけどね・・・はい(泣)

f0238475_072034.jpg


茶ノ木平、半月山、社山と続く中禅寺湖南岸の山稜はこの先の黒檜山へと続いています。



この社山~黒檜山への笹原の稜線が美しいのなんのって・・・思わず歩きたい衝動に駆られました。





アルプスあたりを彷彿させるようなアルペン的な道・・・そんなに遠くないように見えてコースタイムで黒檜山まで3時間もかかるって( ;゚Д゚)





近いうちにまたあの稜線を歩きに来よっと!!

f0238475_01496.jpg


今回は珍しくピストン山行!来た道を戻ります。



後輩もスッカリ満足してくれたようです^^

f0238475_1453797.jpg


下山時の景色がこれまた最高!下山する為に登る山・・・そんな感じ?(笑)

f0238475_0162348.jpg


実は行き道の途中、帰りは半月峠経由で帰ろうかなんて話していたのですが・・・そんな発言は双方から出ることも無く・・・




正直、結構疲れてましたね(笑)






半月山をバックにした後輩、後ろ姿もサマになってきたね・・・次はアルプスとか連れていってあげるかな。

f0238475_0195615.jpg


さて、湖畔まで下りてきました!



あの尖がった山が社山です・・・分かりやすい形してますね。

f0238475_0211131.jpg


なんだか無駄に湖畔を歩きたくなっちゃうんですよね・・・。






後輩曰く、海の無い埼玉育ちはその傾向があるらしい・・・二人とも埼玉育ちなので納得(笑)

f0238475_0234039.jpg


ずっと後回しにしている男体山・・・ひたすら直登のルートってそそられないんだよなぁ(^^;)



男体山より先にきっと社山~黒檜山を歩きに来るでしょう(笑)

f0238475_0252959.jpg


駐車場に戻ると完全に夏モードのカンカン照り・・・レークサイドホテルで汗を流したあとは光徳牧場でいつものアイスクリーム^^




ウマ~~~~幸せや~(*´∀`*)







標高もそんなに高くないし、派手さは無いけど大展望の社山・・・また、大好きな奥日光にお気に入りの場所が出来ました~^^




そんな訳で今日も一日お疲れ様でした~!!









f0238475_0265250.jpg


・・・それにしても、この牧場カメラマン、車の中から遠目で見た時・・・






「うわっ!!渡部陽一が来てるよ!!!!」




・・・なんて本気で興奮してしまった自分が情けない・・・orz



【本日のコースタイム】

7:50歌ヶ浜駐車場-8:50阿世潟9:10-9:35阿世潟峠-10:55社山11:35-12:15阿世潟峠-12:30阿世潟-13:35歌ヶ浜駐車場
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-07-07 00:50 | 山歩 【日光】

2011年5月16日 奥日光ハイキング 高山→千手ヶ浜→西ノ湖 日帰りハイキング 3名

1ヶ月以上前・・・久しぶりの再会、飲みの席にて勢いで計画した山歩きはついに実行へ^^



今回は中学の部活仲間との山歩き。



未経験者が一名いる事もあり、標高差のあまり無い中禅寺湖湖畔から小田代ヶ原へのハイキングコースを歩いてきました。

f0238475_16393150.jpg


眩しいほどに新緑のいろは坂を登り、久しぶりの奥日光へ。



奥日光は昔からよく来ているエリア、地元から約2時間でたどり着ける大自然で昔から一番のお気に入りの場所です。



頑張れば深夜の下道で3時間で行く事も出来るので財布にも優しい・・・でも、そろそろ体力的に厳しい年齢になっちゃいました(泣)





天気予報は15時から曇り、少し雲はあるものの青空が広がり風も無しの絶好のハイキング日和!!

f0238475_16412951.jpg


中禅寺湖で朝マヅメを狙う釣り人達、早くも歩き始る他のハイカー達を横目に竜頭ノ滝上駐車場へ。



何度も歩いている今回のエリアですが、今日は歩いた事の無い高山を経由するルートで千手ヶ浜を目指します。



お互いに「俺すぐにバテるから!」なんて変な自慢大会をしながらハイキングスタート(笑)

f0238475_16421699.jpg


熊出没注意・・・ハイカーや観光客の多い奥日光ですが、人通りの多い戦場ヶ原の木道やお土産屋さんのそばで出現する事もあります。



今回のルートも過去に熊目撃情報のあるエリア・・・見つけたらすぐに言うんだぞ~!!(*・д・)σ

f0238475_16444747.jpg


青々としたマルバダケブキを除けばパッと見は晩秋の様な景色。



登り始めの急登で宣言通りバテバテの友人O・・・と僕(-"-;)






そんな僕らを尻目に何故か未経験者がSが一番元気・・・悔しい!悔しいぞ!!

f0238475_16464168.jpg


友人はこの機会にザックを新調、カリマーのクーガー・・・う~ん、やっぱり派手めな色はカッコいいなぁ。山に映えますね~。

f0238475_16482737.jpg


やっぱりアスファルトの道よりフカフカの登山道の方がずっと気持ちがイイですね!



休みの日はやっぱりこっちだなぁ^^

f0238475_16491891.jpg


高山に向けて緩やかに標高を上げていきます。

f0238475_1650773.jpg


右側には小田代ヶ原、左側には中禅寺湖を見下ろしながらのコース。



木が多い為、ひらけた場所はほとんどありませんが、いつもとは違う視点で大好きな奥日光を見る事が出来てなかなか楽しい。



後ろを振り向けば男体山の大きな姿も・・・ピストンは気が乗らないけど、そのうち登りたいなぁ。

f0238475_1651649.jpg


「ココココーン・・・ココココーン」





キツツキのドラミングに先行のご夫婦と上を見上げる僕ら。



葉の落ちた木の先っちょに鳥の姿、帰ってから調べましたがおそらくアカゲラなのかな?

f0238475_16543791.jpg


高山までの道にはシャクナゲの木もあり、もうすぐすれば花でにぎやかになりそう^^



いつも歩いている小田代ヶ原が見える・・・う~ん、楽しいじゃないかい。

f0238475_1656363.jpg


登りになると一気に息が上がるけど、木の間からたまに覗く展望に癒されながら登っていく。

f0238475_16573570.jpg


緩やかなアップダウンを繰り返した後の最後の急登を越えれば高山山頂(1668m)に到着!



後から来たご夫婦に記念写真のシャッターを押していただいたのですが・・・。



まぁ、そんな事もあり、ザックだけの記念写真・・・残念!!

f0238475_170421.jpg


展望の無い山頂ですが、木立の向こうの残雪の前白根と奧白根がとてもキレイでした。



葉の無いこの時期ならではですね^^

f0238475_1715621.jpg


少しだけ休憩したら熊窪に向けて下って行きます。



手前に広がるミズナラとダケカンバの森、そしてその後ろにそびえ立つ残雪の山稜を眺めながら岩場の下りが続きます。

f0238475_174966.jpg


しばらくすると緩やかな下りに・・・。



新芽が芽吹いたカラマツが空に向かって真っ直ぐに伸びる・・・



「いいね~っ・・・。」



・・・皆で共感出来るのは本当に嬉しい事です。

f0238475_17143673.jpg


さらに標高を下げていくと小さな沢の音が・・・



山の斜面に少しだけ残る残雪・・・その下から雪溶け水が流れを作り、美しい沢になっていました。



手を入れてみるとすごく冷たい!!春だなぁ~。

f0238475_1793727.jpg


晩秋のようだった景色も、気付けばいつの間にか新芽が芽吹く春景色に・・・。



太陽が差し込めばキラキラ輝く黄緑色・・・自然は美しい!!

f0238475_17154725.jpg


両脇を清流に挟まれた気持ちの良い登山道を歩いて中禅寺湖湖畔へ向かう。



ますます萌えてくる植物達・・・そんな素晴らしい春景色に桜の花がかわいらしくピンクの花を咲かせていました・・・もう言う事無し。



今日が山デビューの友人も「いいね~。」なんて言ってましたよ^^

f0238475_17194599.jpg


クリンソウの時期に来る事が多いのでいつも完全な新緑なんですけど、この時期もいいですね!!

f0238475_17222861.jpg


さて、中禅寺湖湖畔の熊窪まで来ました。



プライベートビーチのような白砂の湖畔・・・う~ん、いつ来てもいいですね( ´∀`)



本当はここの一つ手前のビーチが一番好きなんですけどね!ここもイイ!!

f0238475_1724847.jpg


青い湖面近くにはかわいらしいアカヤシオの花が咲いていました。

f0238475_17243078.jpg


あまりに萌え萌えの緑にカメラを向ける友人・・・でもカメラを向けられるのはイヤみたい・・・。







ま、こっそり望遠で撮ってるからいいもんね~・・・(。-∀-)

f0238475_17254935.jpg


熊窪から湖畔沿いの道を15分ほど歩けば、白い砂浜の千手ヶ浜に到着です。



同じ中禅寺湖でも、対岸のような観光地の喧騒はここにはありません。

f0238475_17265727.jpg


友人が青山で仕入れた絶品コーヒーを淹れてくれるというので、それに見合う絶好の休憩ポイントを探しに・・・。



流れ込みに魚いるかな~?

f0238475_17274482.jpg


お言葉に甘えちゃいま~す!コーヒーよろしく~d(。ゝд・)

f0238475_1729420.jpg


コーヒーが出来上がるまでの間、砂浜に寝転がってのんびり・・・。



砂が暖かくて気持ちイイよ~・・・正直、今日はここで昼寝して終わりでもいいぞ(笑)






「出来たよ~。」






タリーズよりも、スタバよりも・・・もちろん美味しいコーヒー・・・あざ~っス!!!d(。ゝд・)

f0238475_17321488.jpg


白い砂浜にうちつける波の音・・・。



照りつける暖かい太陽の光に涼しい風・・・。






もはや海ですよココ!(笑)


f0238475_17335342.jpg


「上高地に見える!!」



「人のいない河童橋だ!」






・・・それは言い過ぎかもしれませんが、奥日光もいいところですよ~^^

f0238475_17372281.jpg


のんびり休憩した後は静かなミズナラとニレの森を抜けて西ノ湖へ・・・。



途中でトカゲ君発見・・・春のような暖かさで出てきたのかな~、目がツブラでかわいい・・・あ、嫌いな方スミマセン(笑)

f0238475_17382290.jpg


赤い橋を渡れば西ノ湖まであと少し。



すれ違うオバ様二人に・・・





「イケメン3人組ね!!」





なんて褒めていただく・・・山では若いだけで何故かモテますが、街や会社では・・・_| ̄|○

f0238475_17403173.jpg


栃木景勝百選の西ノ湖はアクセスが悪い事もあり、訪れる人も少ない静かな湖。



水量が多い時期には大木が水に浸かっている神秘的な風景が楽しめますが、この時期はまだ水量が少なかったです。



湖畔でのランチは僕が腕をふるってうどん。






えぇ・・・腕をふるってうどんです・・・何か?(笑)

f0238475_17423854.jpg


次の目的地、小田代ヶ原へ向けて今度はカラマツとシラカバの森を歩いていきます。



整然と空へ伸びる木々は圧巻。

f0238475_17431288.jpg


西ノ湖入口まで来るとハイブリッドバスは行ったばかり・・・。



「歩こう歩こう!!」



普段なら退屈な車道歩きも、両側にキレイな沢が流れて眩しいほどに芽吹いた春の森が広がってますからね!



ちなみにこの市道1002号は1994年以来一般車の乗り入れが禁止となり、一般車は入口のゲートから先へは入れません。



通るのは関係車両と約一時間に1、2本走る低公害バスだけ!!



我がモノ顔して道のど真ん中歩いても問題無しです^^

f0238475_17462420.jpg


「鹿見てないな~・・・。」







・・・なんて言ってたら突然鹿が!!.゜。(゜Д゜;)



慌てて熊鈴を手でギュッとおさえて音を消す。

f0238475_17482095.jpg


こっちをジ~っと見ている(笑)



いやいや、目くりくりでかわいい顔してるね・・・真っ白のお尻がまたイイね^^








その後も8匹ほどの群れにも遭遇。





「ピーッ!!!」(←多分「逃げろ!」て言ったんでしょうね。




一匹が鳴いた瞬間、群れが一斉に走り出して斜面を駆け上がって行きました。



もはやサファリパークだ(笑)

f0238475_17503541.jpg


鹿さんたちにバイバイして小田代ヶ原へ・・・・。



徐々に雲が広がってきました・・・そういえば15時から曇りだっけか、気づけば結構長い時間歩いたなぁ。

f0238475_17525145.jpg


今日が山デビューのSが靴ずれを起こしてしまったのでここからはバスで戻る事に・・・よく頑張りました!!



・・・あ、違うか。






「よく・・・頑張った!」・・・だったな(笑)

f0238475_17562395.jpg


バスが来るまでまた友人がコーヒーを淹れてくれました。



一人が好きだけど・・・持つものは友ですね。






って説得力無いか(笑)

f0238475_1757431.jpg


疲れた体にご褒美!!



帰りに大好きな光徳牧場のアイスクリームを食べて今日はおしまい^^



帰り際、華厳の滝周辺の満開のアカヤシオに、いろは坂のミツバツツジと新緑のあまりの綺麗さに・・・







ヤバイ・・・明日また来たいな・・・(;´Д`●)



自然の魅力は尽きませんね(笑)


【本日のコースタイム】

6:50竜頭ノ滝上駐車場ー7:50高山8:05-9:00熊窪-9:15千手ヶ浜10:05-10:55西ノ湖11:50-13:00小田代ヶ原13:57-(ハイブリッドバス)-14:05しゃくなげ橋-14:20竜頭ノ滝上駐車場
[PR]
by tatsu_m1113 | 2011-05-17 18:04 | 山歩 【日光】

2010年8月24日 女峰山 日帰り縦走 2名


今日は奥日光にある女峰山へ。




朝2時半起きです・・・最近、予定のある日の前の晩はワクワクして寝付けなくて困ってます。




結局、11時には寝る体勢になったものの眠りについたのは深夜1時20分くらいです・・・1時間睡眠はさすがに辛いです・・・まぁ、ガキンチョな自分のせいなのですが(泣)




でも寝起きがいいのが特技ですから、キッチリ起きて友人宅に3時半ピッタリに到着、満月に近い丸い月を眺めながら高速道路で奥日光を目指します。




5時半過ぎには明智平に到着、登ってくる朝日に思わず車を停めて外へ・・・早起きは3文の得っていうやつですね。



会社の皆はまだ夢の中なんだろうなぁ・・・。


f0238475_20403180.jpg


今回初めて向かう志津乗越でしたが、よく来る奥日光なのでネットで行き方を調べ、迷わずに到着する事が出来ました。




しかし、奥日光には結構来ているはずなのにこんな道があるなんて知りませんでした。




時間はまだ6時、東京の猛暑は何処へやら・・・とても涼しくてちょっと肌寒いくらい。


f0238475_2041528.jpg



だんだん明るくなってきて、目の前には朝日を浴びた男体山が。



でも今日の目的は女峰山、男体山はまた次回に後回しです。

f0238475_20411414.jpg


さてさて、準備も整ったので早速女峰山を目指します。



今日は女峰山⇒帝釈山⇒小真名子山⇒大真名子山の志津乗越を起点としたぐるり一周縦走の予定です。


f0238475_2042770.jpg



朝日を浴びて森が輝きだします・・・綺麗ですね。



新緑の時期はなおさら綺麗だろうなぁ。


f0238475_20421688.jpg



しばらくの間、こんな道をずっと歩いて行きます。


f0238475_20422537.jpg


男体山が綺麗に見えてきました!!


ちなみに今日は一眼レフはあまり使用しない予定です。来週の縦走のこともあり、今日はきちんと怪我無く膝を痛めず歩く事に専念して、写真はコンデジメインで撮る予定。


f0238475_20423666.jpg



なんだか渋い看板です(笑)


f0238475_20424398.jpg



天気がいい!!だんだん日が昇ってきて空の青も濃くなってきました。


f0238475_20425124.jpg



同じような道を歩き続け、ちょっと飽き始めた頃にようやく分岐点に・・・ここから本格的な登山道になります。


f0238475_2043089.jpg



早くも鹿の足跡が!!今日は見る事出来るかなぁ・・・鹿はいいけど熊さんは勘弁です。


f0238475_20431450.jpg



森の中に日の光が入ってきました・・・こんな時間から歩いているからこそ出会える風景。



頑張って起きた甲斐がありました。あまりにも綺麗に光が差していたのでザックの中に封印していたフィルムカメラを取り出して友人を撮ってみました。


f0238475_20433780.jpg



僕も自分で三脚で撮ってみたりして・・・。



もう少し上がったところでシャッターおりれば良かったかな・・・セルフタイマーは難しいです。カッコよく撮ってくれるカメラマン募集中です(笑)


f0238475_20434829.jpg



その後、徐々に標高を上げていきますが今度は朝の涼しさは何処へ行ってしまったのか・・・汗がダラダラでザックを背負っている背中がビショビショです(泣)


f0238475_2045642.jpg



今日はこの白い花がたくさん咲いていました。



一体なんの花なんだろ・・・。


f0238475_20452010.jpg



毎度のことながら、登り始めがとても辛くてついつい下を向きがちになります・・・たまには上を向いて歩かなきゃ。



人生と一緒です。


f0238475_2045325.jpg



汗だくで登っていくとついに唐沢小屋の看板が・・・。


f0238475_20454584.jpg



空もだいぶ近くなってきた気がします。


f0238475_20455630.jpg



湧き水が流れていたので顔を洗ってみました。



ものすごく冷たくて最高にキモチ良い!!火照った体に水の冷たさが染み込んできます。



友人にも勧めてみると、最初は少し躊躇していましたが・・・恐る恐る水をすくい。




「すごく気持ち良いね!!」といい笑顔(笑)



今までこんな自然に湧き出ている水で顔を洗ったことなんか無かったそうです。良かったね!!


f0238475_20461151.jpg



かなり標高を上げてきました。


周りの山々と目線があってくるとちょっとやる気が沸いてきます。


f0238475_20475485.jpg



唐沢小屋に到着です。



2階立てでそこまで綺麗だとは思いませんでしたが、シュラフとマットがあれば全然泊まるのには問題ない感じでした。



でも、トイレが無いんですよね・・・それはちょっと・・・。


f0238475_2050330.jpg



唐沢小屋から先はガレ場になります。


睡眠不足のせいか、写真も撮る気が起きないしなかなか足も前に進まず・・・。



なんだか雲も多くなってきました(泣)


f0238475_20501694.jpg



もうだいぶ近いんじゃないかい?!


f0238475_20503596.jpg



結構な高度感があります。


f0238475_2051397.jpg



向かう先には青空が見えていたのですが、こちらの足が止まっている間にどんどん雲が増えてきました・・・ヤバイヤバイ、なんとか山頂では晴れて欲しいのだけども・・・。

f0238475_20511774.jpg



・・・。



願いはむなしく、山頂まであと少しのところで完全に真っ白な世界へ・・・トホホです。


f0238475_20513117.jpg



しかし、望みはまだ捨ててはいけません・・・空を見上げればガスの向こう側に時折青空と夏雲がチラチラ見えています!!


f0238475_20514499.jpg



そして、女峰山(2483m)山頂に到着!!


完全にガスに巻かれていましたが、ご飯の準備をしていたら少しずつガスが薄くなってきてこれから向かう先の稜線が見えてきました。


f0238475_20515911.jpg



あとからやって来た30代(?)男性3人パーティーの方に写真撮ってもらいました。


男性3人パーティーだなんて楽しそうで羨ましいものです。いつか僕もそんなパーティーが組めるといいな。

f0238475_20522819.jpg



今日のお昼ご飯はチーズリゾットにカニ味噌汁!!


え?組み合わせが悪い?!




一応お坊ちゃんの友達用に洒落たモノ用意したつもりなんですけど・・・orz


f0238475_20532011.jpg



向かう先とは逆側ですが、少しずつガスが切れてきました。


f0238475_20542621.jpg



うわ~!やっぱり山はいいね!!



刻々と変わるその景色はやはり人を魅了する何かがありますね。


f0238475_2054401.jpg



完全にガスが無くなる事はありませんでしたが、それでも時折ガスの切れ間から覗く稜線はとても綺麗でした。


今からあそこを歩いていくのかと思うと、やはりワクワクせずにはいられません。



僕はやっぱりピークハントより縦走が好きだなぁ。


f0238475_20553291.jpg



後からやってきた3人パーティーがついに出発するようです。



さて、僕らも行きますか!!

f0238475_20555180.jpg



新しく買ったコンパクトデジカメのパノラマ機能で撮ってみました。


あの先の山と山を次々と越えて行く・・・予定でした。


f0238475_20562933.jpg


夏ですね~・・・。



さっきまでいた女峰山山頂はどんどん遠くなっていきます。

f0238475_20565834.jpg



ガスが多いですが、高度感のあるこの展望を楽しみながらの空中散歩です。


友人もこれにはホントに感動したようで、また来たいと言ってくれました。


f0238475_20572683.jpg



そして帝釈山に到着!!



女峰山までの登りの疲れはどこへやら(笑)



やはり展望の中歩いていくのはとても楽しく疲れ知らずです。


f0238475_20582014.jpg



さて、天気も崩れそうな感じ・・・先まで縦走するか富士見峠で志津乗越まで戻るか悩むところだなぁ・・・とりあえず富士見峠まで降りて考えようか。


f0238475_20583149.jpg



・・・だぁ・・・帝釈山から富士見峠までの下りが意外に長くて疲れました・・・。




雲も多くなってきたし、天気が崩れそうなので今日の縦走は残念ながらここまでかな。


f0238475_20585657.jpg



ここから志津までの間が本当に辛かったです・・・ゴロゴロの石ころだらけの平坦な道をひたすら進んで足の裏が痛くなり・・・最後は微妙な登り坂を延々に歩いていきました。


思えば、最初志津乗越スタートした直後ゆるやかな下り坂で楽チンだな~なんて思ってたんですよね・・・楽あれば苦あり、山は色々教えてくれます(笑)



志津乗越までの間、近付いてくる雷の音にビビリながら帰りましたが、なんとか雨が降り出す前に車まで戻る事が出来ました。

f0238475_20591153.jpg



登山後は奥日光に行くとだいたい寄る光徳牧場のアイスクリームを食べに行きました。



アイスに炭酸飲料・・・登山後はいつもの10倍美味しいです・・・でも今日の消費カロリー全部チャラかな(笑)



この後、結構強めの通り雨が・・・縦走、途中でやめといて良かった・・・。

f0238475_20593631.jpg



ずっと行ってみたかったレークサイドホテルの日帰り入浴でサッパリした後は、蕎麦を食べて家路につきました。


f0238475_2059586.jpg



さて、来週はついに夏休み!!北アルプスの縦走を予定しています。今日も相変わらずヘロヘロになってしまってちょっと心配だけど、マイペースに焦らず楽しめるといいなぁ・・・。



【本日のコースタイム】

6:07志津乗越-6:55馬立-8:50唐沢小屋-9:30女峰山10:55-11:05専女山-11:15帝釈山-11:50富士見峠-12:44馬立-13:30志津乗越
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-08-24 22:30 | 山歩 【日光】

2010年6月21日 日帰り奥日光ハイキング 2名 その後9800匹のホタル!!

久しぶりにめいっぱい遊んでしまった・・・。



腹8分目どころの騒ぎでは無いです。膨満感で胃薬が欲しい・・・それくらい苦しい感じです。



かねてから会社の友人が赤城山のツツジと、長野県辰野町のホタルの撮影に行くというので同行する事にしていました。



ただ、赤城山のツツジはちょっと気分では無かったので、うまくお互いのやりたい事を一日でやってしまう贅沢な計画を立てていたのです。



まず日曜日の仕事後、車で赤城に向かい早朝4時に赤城山で彼を下ろす⇒その足で僕は北アルプスの燕岳を登る⇒彼は撮影後少し休んで松本で合流⇒二人でホタルを撮りに・・・。



まぁ、こんな感じの予定でした・・・順調にいってもめいっぱい過ぎる感じですけど(笑)



しかし彼は仕事でハプニング・・・僕はプライベートでハプニング・・・。



結果的には日曜日の残業後、2時間睡眠で朝4時起き・・・自動車での走行距離850km・・・帰宅は今日の朝6時というホントにお馬鹿な休日になってしまいました・・・。



まぁ、楽しいは楽しかったですけどね・・・。疲れました。



そんな一日でしたが・・・いや、そもそも一日っていうのか・・・とりあえず一日は奥日光ハイキングから始まりました。



東京で彼を車で拾い、奥日光へ!!今日は割り勘出来るので、いつもより贅沢に高速道路で向かいます(それが普通ですけど・・・。)わずか2時間で奥日光の中禅寺湖に到着。いろは坂ではお猿さん達の集団が・・・赤ちゃん猿もいてすごくカワイイ!



朝から癒されますねぇ。



竜頭ノ滝臨時駐車場に車を停め、中禅寺湖の湖畔の散策路を歩き千手ヶ浜を目指します。



朝7時、ハイキング開始です!天気もなんとか持ちそうです。

f0238475_1595436.jpg


今日は登山では無いので、服装もラフにバーベキュー行く感じです。でも今日は長旅、疲れは残したくないのでサポートタイツは着用。



小田代ヶ原までいって一周まわりたいけど時間に限りがあるので、行けるところまで行くという結構ユルめのハイキングなので気分も楽。



でも今日はコンパクトデジカメと、連れのデジイチは無し。自分の愛用フィルムカメラだけ持ってゆっくり散策を楽しみます。

f0238475_1510632.jpg


う~ん、新緑から深緑へと変わり緑の色も濃くなってきました。左手方向の木々の間からは中禅寺湖が見え隠れしています・・・。



鳥の鳴き声を聞きながらのんびりハイキング・・・イイですね~。

f0238475_15101852.jpg


整備の行き届いた散策路なので安心して歩けます。



たまにはガッツリ登らない自然を楽しみましょ♪

f0238475_15102779.jpg


しばらくすると僕のお気に入りスポットの浜が出て来ました。秋の紅葉シーズンの時も最高に綺麗な場所です。



水面が深緑の森を映しこむ・・・水の色も神秘的で綺麗ですね。



水の中を覗き込めば小さい魚達が泳いでいます。紅葉の時期来たときは一生懸命小さい魚を捕まえて砂浜にくぼみを作りそこで1時間程飼ってました(笑)



もちろん後で逃がしましたよ!



たま~に大きい魚が小さい魚を食べようと追い掛け回す風景も・・・あ、今年バス釣りまだ行ってないや・・・。

f0238475_15103741.jpg


水際に鹿さんの足跡が。

f0238475_15104691.jpg


今度ここでコーヒーでも飲みながらのんびりしようかなぁ・・・。

f0238475_15105689.jpg


もう散り始めでしたが、散策路にはしばしばツツジの姿も・・・。落ちてしまった花も散策路を彩ってくれるので、それはそれで綺麗です。

f0238475_151168.jpg


う~ん、歩きやすくて楽だ~。ん?相方?相方はとっくに先に行きましたよ、僕がさっきの砂浜でのんびりしすぎて・・・まぁ、お互いマイペースで気楽です。

f0238475_15111523.jpg


道の向こうに湖面が見える・・・これをカメラのファインダー越しに見るのがとても楽しい。



やっぱり自分のカメラが一番!!

f0238475_15112688.jpg


千手ヶ浜に到着です。向こうには男体山の姿が・・・。



あんまり浜辺には人がいません。皆クリンソウ見に行ってるのかな?

f0238475_15113642.jpg


さて、クリンソウを見に行きますか。

f0238475_15114661.jpg


毎年気になるんですが、千手ヶ浜にこの時期ぎっしり生えているツヤツヤのお茶っ葉みたいなこの植物はなんていう植物なんだろうか・・・サラダにしたら美味しそうなくらい緑で艶やかです(笑)



毎年気になりながら、何故か調べない・・・。誰か教えて下さい・・・。

f0238475_15115747.jpg


ホントにギッシリ(笑)木が埋まってます・・・。

f0238475_151284.jpg


満開のクリンソウ(九輪草)です。いつ見てもカワイイ花。たま~に黄色い花のがあるんですよね。



千手ヶ浜のクリンソウは今が見頃、毎年混み合います。





・・・しかしご年配の方達のカメラすごい・・・。めちゃくちゃいいデジイチ使ってますね・・・。



なんか自分のカメラが化石のようです(笑)



でもそれでいいんです。マニュアルのフィルムカメラから始めたのも何かの縁だし、たまにご年配の方とかに




「君懐かしいの使ってるね~!!」





「俺も昔使ってたよ~!」



とか絡まれたりするのも楽しいので。

f0238475_15121842.jpg


しばらくクリンソウを見て楽しみます。お母さんも毎年来たがってるのに毎年僕が誰かと来ちゃうので連れてきた事ないんです。



来年あたりは連れてきてあげようかな。

f0238475_15122859.jpg


さて、まだまだ時間があるので西ノ湖までハイキングを続行。相方とも合流しました。

f0238475_15123816.jpg


西ノ湖まではハルニレとミズナラの林の中を抜けていきます。



仕事柄、ちょっとだけ縁のある木なだけにちょっと親近感が沸きます。

f0238475_15124929.jpg


沢に出会いました。この橋を渡ればもうすぐ西ノ湖です。



橋を渡る相方に「お~い!」と呼びかけ一枚写真を・・・どこにいるか分からない写真になってしまった・・・。

f0238475_1513123.jpg


お互い、昔はモテたとくだらない自慢大会(笑)をしながら西ノ湖へ到着・・・昔を語りだしたらもうオジサンかも。



誰もいない湖でとても静かです。この静けさが好きでいつもここには寄ります。



時期によって水量がかなり変わる湖ですが、今日も割りと水量がありました。水量のかなり多い時だと湖畔のヤチダモの大木が水に漬かってたいたりする事もあり、ちょっと不思議な風景を見ることが出来ますのでお勧めです。

f0238475_15131022.jpg


う~ん、いいね~。

f0238475_15132076.jpg


相方ほったらかしで一人湖畔を散策。

f0238475_15133151.jpg


ちょっと時間がおしてきたので、西ノ湖バス停からハイブリットバスに乗ってしゃくなげ橋までワープしようとバス停を目指します・・・いや、ズルしてる訳じゃないですよ!本当は小田代ヶ原の木道を歩きたいんですが、何せ無理無理なスケジュールなんで・・・。



木漏れ日が綺麗ですね。曇っていた空も晴れ間がのぞいてきました。

f0238475_15134538.jpg


バスがきた~。



クリンソウのシーズンとあって増発しているにも関わらず、ハイカーでぎっしりです。

f0238475_151356100.jpg


しゃくなげ橋までワープしたらそこから竜頭ノ滝を目指します。

f0238475_1514547.jpg


右手に湯川を見ながらテクテクと・・・。

f0238475_15141559.jpg


竜頭ノ滝上部です。ここから中禅寺湖へと水が流れていくんですね~。



先日白根山登りにきた時に咲いていたトウゴクミツバツツジはすっかり無くなっていました。




・・・とここで相方が小銭入れを西ノ湖バス停に忘れてきたと言い出し取りにいく事に・・・。



僕は一人で駐車場まで戻り、彼が戻るまで赤沼車庫で寝て待つことに・・・。

f0238475_15142558.jpg


少しうたた寝をしていると、先日ホタルの撮り方を教えてもらった先輩から電話が!!



僕が高校で初めてバイトをした職場で出会い、カメラを始めるきっかけになった先輩で自然写真はもちろん、花火写真、SL写真を中心にアグレッシブに被写体と向き合う人で今はプロのカメラマンです。



今の僕が、カメラやSLが好きなのはこの先輩の影響です。



真似したくても真似出来ないような行動(中には真似したくないような部分もありますが(笑))本当にその行動力やあくなき探究心には尊敬の言葉しか思い浮かびません。




先輩「今日ホタル行くの~?昨日は7000匹くらい出たみたいよ~。」



僕 「行く予定なんですけど、相方が忘れ物しちゃってまだ奥日光です。」



先輩「今から行くの?大変じゃない?」



僕 「そうなんですよ~、距離も遠いですからね~・・・長野だし・・・。」



先輩「結構、距離あるもんね~。」



僕 「そうなんですよ~・・・。」



先輩「俺も暇だし、行こうかな~。」





僕 「え?!・・・。」



・・・距離があるもんね~とか言いつつ、今から行こうかな~ってもう2時ですよ!普通の人だったら午後2時に暇だからって埼玉から長野に行こうと思いますか?!





やはり真似出来ないアグレッシブさ・・・。





小銭入れ取りに行ったっきり、全然戻ってこない相方が戻ってきたのは別れてから約2時間後・・・満員のバスで何本か乗れなかったらしく終点の千手ヶ浜バス停まで歩いて戻ったらしい。



赤沼車庫に戻ってきた時にはかなり疲れ顔・・・精神的にも疲れたというので先輩から教えてもらった近場のホタルスポットを提案すると・・・。




相方「いやいや、長野行くっしょ!!」





・・・ここにも普通じゃない人が・・・(苦笑)



という事で男体山に別れを告げていざ長野へ・・・とにかく遠いです。

f0238475_15143582.jpg


辰野町のほたる童謡公園に到着したのは7時ちょっと前・・・ギリギリ暗くなる前につけました。



なんか僕は長距離運転と、睡眠不足で写真はどうでもいい感じ。



やる気満々の相方をよそに、電話がかかってきた先輩(本当に来ました(笑))と久しぶりの再会を楽しみに・・・。



辺りが暗くなってしばらくするとホタルの光がひとつ・・・ふたつ・・・。



どんどんそれに共鳴するかのように他のホタル達も光を放ち始めます。もう感動としか言いようが無い光景・・・。



満天の星空を想像してみて下さい。その星空に浮かぶ星達を全部大地に落っことした感じ・・・。



こんなホタルがたくさんいるのは生まれて初めて見ました。



次第にホタル達は飛び始め、公園中に黄色い光の点滅が・・・。

f0238475_1514462.jpg


もう正直この綺麗さは、先輩に付け焼刃で教わった技術や僕の浅い知識では表現出来ないなと諦めがつき・・・構図も何も考えず後半はただただ、ホタルの光を見つめながらフィルムを浪費するばかりでした。



案の定出来上がった写真もどうしようもない・・・。



でも皆さん・・・これは思いを寄せる異性を連れていったらイチコロですよ(笑)




ただ、何十回と繰り返し放送で流れるフラッシュや懐中電灯の使用禁止を無視する人達がたくさんいたのは悲しかったです。



どんな場所でもモラルを守ることは当然のマナーですからね。

f0238475_15145777.jpg


ホタル撮影後に相方から、本来朝行く予定だったが僕の都合でなくなってしまった赤城山でのツツジの写真がやっぱり撮りたいとの申し出が・・・。



・・・やっぱり普通の人じゃない。



それで行きましたよ赤城山・・・僕は朝までに車を実家に置きにいかなきゃいけなかったので、午前2時に彼を赤城山で降ろして家路につきました・・・。



赤城山から車で下山中、タヌキ(?)イタチ(?)カモシカ、何故か猫3匹と出会い、非現実的な天然サファリパークな環境と眠気ですっかり頭も働かなくなり、帰り道はフラフラでした・・・。



3時過ぎ、先輩からメールが・・・



「今家戻ってきたよ、居眠り防止に話し相手してあげようか?」




その余裕・・・やっぱり普通の人じゃない・・・。



朝5時半、実家に戻りリビングに父の日のプレゼントの焼酎を置いて家族を起こさないように家を出ました。その後、父から電話がきました。1泊2日の旅行にしては帰りが早いじゃないかと・・・。



オヤジ・・・一応今回日帰りドライブなんだわ・・・。



走行距離850km・・・普通の僕と、普通じゃない人達との24時間の旅。





楽しかったけど、疲れました~。


【本日のコースタイム】

竜頭ノ滝駐車場-赤岩-千手ヶ浜-西ノ湖-西ノ湖バス停⇒ハイブリットバス⇒しゃくなげ橋-竜頭ノ滝-竜頭ノ滝駐車場  ※写真撮りつつのんびりだった為コースタイムは計りませんでした。
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-22 15:16 | 山歩 【日光】

2010年6月10日 日光白根山 単独日帰りピークハント 

しばらくの間、丹沢、奥多摩に本当にお世話になっていました。



冬でも登れるし、お金はかからないし・・・本当にありがたいのですが、そろそろ北の方の山も雪が少なくなり、エキスパート向けの危険な冬山から緑と青空の綺麗な夏山へと変貌する時期に。



そろそろちょっと足を延ばしてみようかなと・・・。



先週の丹沢主稜縦走を無事に終えられたので、少しだけ自信がつきました!



でも僕は高い山に登る事が目的ではありません、山歩きが楽しい事!これが一番大切です。






だからもちろん丹沢、奥多摩も行きますけどね、安くて楽しくて大好きですから。



という事でどこへ行こうか・・・。



①尾瀬に行く。



②去年最初から最後まで霧でなんにも見えなかった日光白根山(2578m、百名山)にリベンジする。




う~ん、どっちも行きたい・・・でも今の時期の尾瀬は水芭蕉の見頃とあって相当混んでそうだ・・・じゃあ嫌だな・・・。



高い山には行きたいのですが、結局は人の少ない静かなところに行きたいのです(笑)



・・・人気ある高い山はそれなりに人いるんだろうけどね~。





前日、仕事終わりに上司に飲みに誘われましたが素直に事情を話し断りました。




ホント自分で言うのもなんだけどかわいくない部下だなぁ・・・なんか申し訳ない(笑)



家で寝るとだるだるになりそうなので、寝ずに車で日光へ向かいます。






・・・深夜12時発、しかも下道で・・・お金無いからね(笑)



本当に奥日光が大好きなんです。写真も良く撮りに行ってたし、ドライブにもよく行くしハイキングにも行きます。



色んな思い出があるけど全部良い思い出です。



ナビに奥日光下道ルート入れると到着7時5分?!・・・結局3時に着きました・・・夜は早い(笑)



途中いろは坂からは8匹の鹿に遭遇・・・本当に多い。しかも今日は小さい子供ばっかり!!かわいい!





登山口に着くと満天の星空!!・・・とライトが反射して目の光ってる鹿君たち・・・。



少し寝ないと・・・でもこんな真っ暗なところで一人で寝るなんて・・・怖すぎて寝れないよ(泣)






・・・zzz



寝てましたよ・・・いつの間にか(笑)



最近、のび太君並みに寝るのが早いなぁ・・・。



もう既に空はうっすらと明るくなってきている、ちょっと早いけど目覚めちゃったし行きますか!!

f0238475_202592.jpg


日光国立公園・・・ちなみに今日は菅沼登山口から登ります。



去年はロープウェイの山頂駅から登りました。

f0238475_203116.jpg


少し行くといきなり登り・・・岩がゴロゴロしてて非常に歩きづらいです。



てか頭がボーっとする・・・。

f0238475_2032117.jpg


今日は天気が良さそうです。予報では曇り、その後雨だそうです。まぁ、この時間から登ればきっと大丈夫でしょ!



空は既に明るくなってきてます。

f0238475_2033188.jpg


周りを見ると山がたくさん。



鳥の鳴き声と、僕の足音、熊鈴の音だけの世界。





・・・いいですね。

f0238475_2034110.jpg


いつも行ってる丹沢や奥多摩とは植生も違うので、植物観察も楽しいものです。

f0238475_2035138.jpg


おっ!山の向こうから太陽が上がってきました。

f0238475_204058.jpg


雪が出てきました。



ここから山頂までのほとんどの区間で雪道です。



アイゼンは使わないでいいくらいの雪だけど、腐りかけの雪は足の変な筋肉を使う・・・登山開始後間もないのに既にふくらはぎがプルプル(笑)

f0238475_2041017.jpg


太陽の光が森にも入ってきて急に明るくなってきました!爽やかな陽気!!



上空の風は強いようで、すごい速さで流されていく雲。



天気予報が前倒しにならないか不安になり自然と足早に・・・今日こそは日光白根山山頂で展望が見たいぞ。

f0238475_2041951.jpg


朝日を浴びて木漏れ日が綺麗です。

f0238475_2042890.jpg


大分上がってきました・・・しばらく変わらない景色だったけど少し景色が変わりました。


あの先には白根山が待っている!頑張れ自分!!

f0238475_2043795.jpg


ふと後ろを振り返ると・・・





「うわ~!!あの雲まずいでしょ!!勘弁してよ!!」


燧ケ岳方面から流れてきている・・・今日、尾瀬を蹴ってこっちに来たから復讐されてるような気分(笑)




明らかにあっちから雲がこっちに流れているのに・・・あの雲のかたまりまでこっち来たら確実に展望無しでしょ!!急がなきゃ!!

f0238475_204489.jpg


弥陀ヶ池に到着・・・山の上にある湖なんて神秘的ですね~アメンボがいっぱいいました。

f0238475_2045811.jpg


ここまで来たら山頂まであと少しです・・・といってもここからが急坂ですが。



・・・なんか山に立ち向かっていく感じでカッコ良いな(自分で言うか?)

f0238475_205845.jpg


ひぃ~きついよ~。

f0238475_2062462.jpg


そうこうしているうちに大分上がってきました・・・しかし例の雲は確実に近付いてきてる。

f0238475_206363.jpg


山頂手前の最後の急斜面は雪が深くて結構キツイ!



斜度あるなぁ、これ・・・。





なんて歩いてたら踏み抜いてしまい転びかけました。


今日は久しぶりに自分のカメラ持ってきてたんですが、あやうくカメラ逝ってしまうとこでした・・・危機一髪・・・。

f0238475_206463.jpg


さっき通ってきた弥陀ヶ池があんなに小さく見えます。眺め最高です。

f0238475_206555.jpg


ここを上がってきました・・・結構上から見ると怖いです・・・。

f0238475_207589.jpg


あと少しです、だいぶ上がってきたなぁ・・・。



今日登っている日光白根山は関東地方の最高峰!日本のここから東と北にもこの山以上高い山は無いのです。



・・・という事は日本のここから北と東の一番高いところに6月10日付けでは僕が一番最初に登ったという事かも知れない!!



僕より早く登ってる人がいれば話は別ですが、これって結構すごいな、一人でなんか感動してました(くだらない・・・。)

f0238475_2071545.jpg


最高の眺めだ!!



皆はまだ夢の中、僕は今、山の上にいますよ~!!





なんか今日は考える事が変だ・・・あんまり寝てないからナチュラルハイなのかもしれない。

f0238475_2085622.jpg


山頂到着直前から例の雲がこっちまで来てしまい、ガスにまかれてすごく寒い!!インナーダウン持ってきて良かった~。



こっち側だけはガスがかからず、ホントいい眺めです。

f0238475_157120.jpg


山頂到着です!!



ガスに巻かれて何も見えませんでしたが、30分ほど寒さに耐えながら待ち続けたらなんとか晴れました^^



諦めないで良かった!!

f0238475_1571287.jpg


さて、眺めはもちろんの事ですが今日はもうひとつの目的があるんです。



山頂で山と雲海を見ながら朝ご飯を食べようという企画!



雲海は出なかったけど、ものすごい速さで山頂の上を通り過ぎていく雲と、この眺めを見ながらの朝ごはんなら文句はないでしょう!!






今日のメニュー、まずガーリックバターでベーコンを炒めて・・・カリカリに焼いたマフィンにとろけるチーズと一緒にはさむ。



これスターバックスだったら一個400円はするね(笑)

f0238475_20101390.jpg


じゃ~ん!!どうでしょうか!味は・・・美味しいに決まってますよね。



ウマイ!!ウマ過ぎる!!



ここまでのガソリン代 往復2500円 







最高の朝ご飯・・・プライスレスって感じでしょうか・・・あぁ、今日は本当にくだらない事ばっかり思い浮かぶなぁ。

f0238475_20102311.jpg


そしてもちろん山頂で飲む朝コーヒーは最高ですよ!!



さて淹れましょうか・・・ってコーヒー車の中にお菓子と一緒に置いてきた~(泣)



仕方ないのでお湯・・・無味無臭。



久しぶりに飲みましたよお湯・・・最高の朝ごはんが台無しだ。

f0238475_20103122.jpg


・・・と、ここでまたガスが山頂を覆います。まだまだきそうな感じです。

f0238475_20104263.jpg


でもすぐに風に流されてまた青空が。なんだか綺麗な空だな。

f0238475_20105165.jpg


おっとあれは・・・。

f0238475_2011784.jpg


これから向かう五色沼です。綺麗ですね・・・。楽しみ楽しみ・・・。

f0238475_20111792.jpg


山頂付近に残っていた雪です・・・すごい厚みだなぁ。

f0238475_20112692.jpg


さて、だいぶゆっくりしてしまいましたが五色沼に向かいます。



こんな展望を楽しみがらこんな道を歩いていくなんて、なんて山歩きは楽しいんだろう。

f0238475_2012324.jpg


まだまだ雪がたっぷり。



久しぶりの雪の感触でとても楽しいです。

f0238475_20121468.jpg


避難小屋到着、あと少しで五色沼です。

f0238475_20124875.jpg


木々の間を抜けると目の前が広がり、五色沼が目の前に!!

f0238475_1046736.jpg


とても水の綺麗な沼でした。周囲を山に囲まれ、とても静かな場所。



だ~れもいない広い場所でひとり風に揺れる瑠璃色の水面を見てマッタリ・・・そうそう、こういうのがしたかったんだね。



コーヒーは無いけど(泣)





向こうに見えるのはさっきまでいた日光白根山山頂・・・登りは大変なのに、下りだとすぐ下りてきちゃうんだよなぁ。

f0238475_20135678.jpg


う~ん、綺麗だな~。

f0238475_2014948.jpg


五色沼でゆっくりした後は、一度弥陀ヶ池でもと来た登山道と合流して下ります。



ここでようやく登山者の姿が・・・。





本当に今日は山独り占めだったな。

f0238475_20141863.jpg


駐車場まであと少し・・・朝通った道は新緑が綺麗だったんだ、暗くて分からなかった。

f0238475_20143268.jpg


帰りにいつも寄る光徳牧場へアイスクリームを食べに・・・。



遠足の小学生の集団に混じって牧場の牛と馬を眺めながら食べてました・・・登山服のままで(笑)





あ~あ楽しかった。今日も一日お疲れ様でした~!

f0238475_20144975.jpg



【本日のコースタイム】

4:40菅沼登山口-6:00弥陀ヶ池6:10-7:05日光白根山山頂8:40-9:15避難小屋-9:25五色沼9:55-10:15弥陀ヶ池-10:55菅沼登山口



日光白根山について

http://ja.wikipedia.org/wiki/日光白根山
[PR]
by tatsu_m1113 | 2010-06-10 20:14 | 山歩 【日光】


山歩きのち街歩き、ときどき写真・・・たま~に電車旅。そんな日々を綴っていこうと思います。


by tatsu_m1113

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
山歩 【丹沢】
山歩 【奥多摩】
山歩 【奥秩父】
山歩 【八ヶ岳・蓼科】
山歩 【浅間・赤城・谷川】
山歩 【日光】
山歩 【尾瀬】
山歩 【北アルプス】
山歩 【鳳凰三山】
沢登り
街歩き
ねこ百景
電車旅
写真
雑記
その他

お気に入りブログ

華猫風海
日和見山歩記
谷中喃々堂
NOLDキッチンスタジオ...
お山歩日記
山の上には何がある。
きのこノコノコ
みえしるべ

お気に入りブログ(外部)

以前の記事

2015年 05月
2014年 04月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月

検索

その他のジャンル

最新の記事

Blog引越しました。
at 2015-05-11 22:38
旅の思い出。
at 2014-04-24 12:45
ご無沙汰してます
at 2014-04-08 20:41
2013年の思い出。
at 2013-12-26 21:04
2013年12月12日~12..
at 2013-12-17 11:45

ブログジャンル

登山

画像一覧